日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

ジャイアント白田の現在は?全盛期の年収は?今は小食で食べれない?

WRITER
 
大食い,ジャイアント白田,現在,小食,食べれない
この記事を書いている人 - WRITER -

1990年後半~2000年代前半に訪れた大食いブーム、早食いブーム。『TVチャンピオン』でブームを懐かしいと思う方も多いのではないでしょうか?

 

選手はフードファイターと呼ばれて、お茶の間を賑やかにしましたよね。

 

ブーム収束後の今でもテレビ東京系の「元祖!大食い王決定戦」として『TVチャンピオン』の全国大食い選手権を引き継いでいます。

 

今は女性限定でバラエティ色も強くなっていますが、最初のブームの時にフードファイターとして一番と言っていいほど輝いていた

 

ジャイアント白田さんをご存知ですか?

 

かつて大食いファイターとして活躍したジャイアント白田さんは、現在何をしているのブーム時の年収は?と気になったので、

 

今回はジャイアント白田さんの事を記事にしました。

 

良かったら最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

ジャイアント白田、現在は大阪道頓堀で串カツ屋のオーナー

まずはジャイアント白田さんのプロフィールをチェック

  • 本名     白田信幸
  • 生年月日   1979年4月20日(2019年10月15日現在40歳)
  • 身長/体重  195㎝/95kg
  • 出身地    神奈川県

 

現在は「串カツしろたや」のオーナー

大食いのフードファイターを引退した白田信幸さんは、現在 大阪・道頓堀中座くいだおれビル」で「串カツしろたや」のオーナーをしています。

 

大食いファイター・ジャイアント白田さんが開く串カツ屋でどんななんだろう?って疑問に思っちゃいますよね。

 

そこで調べてみると、ジャイアント白田さん、専門学校に通い調理師免許を取得、味付けやソースにもこだわりを持って食事を提供している本格派です。

 

「串カツしろたや」が10年以上順調に回っている今でも、ジャイアント白田さんは週に3回程度は厨房に立って仕事をするんだそうです!

 

なので、もしかしたらお店に行ったら厨房に立つジャイアント白田さんに会えるかもしれませんね。

 

しかし、知名度や勢いで出店した訳ではなく、リサーチや努力に裏打ちされたものだと分かるエピソードですよね

 

しっかりと大食い色も残して、ジャイアントメニューは用意されているそうですよ

 

ジャイアント白田さんのジャイアントメニュー、見てみたいですよね。

Twitterで見つけました。ファンサービスもしっかりしている様子 笑

 

スポンサーリンク

ジャイアント白田 フードファイター当時の年収は3000万!!?

 

ジャイアント白田さん、『TVチャンピオン』や「フードバトルクラブ」、日本のみならず、アメリカの「ホットドッグ大食い対決」で準優勝したりと

 

大活躍だったあの頃の年収は2000~3000万程度、総額5000万円も稼いだそうです。

 

ただこの時、大会の2~3か月前からトレーニングを始めて準備しており、8キロをカレーを食べるなどして胃を広げるトレーニングをしていたんですが、

 

このトレーニング、アスリート並みにストイックにやっていたそうです。

 

当時賞金やテレビ出演で稼いだお金と知識で、「串カツしろたや」オープンの基礎が出来たようなので、

 

ストイックに努力できる一面に加え、しっかり大食いブームの経験を自身の次に活かす頭の良さも持ち合わせていたんですね。

 

スポンサーリンク

ジャイアント白田、現在は小食で食べれない体になっていた!

 


大食いファイターを2007年に引退し、小食になったと本人も話しているようですが、

 

2018年TBS系の「水曜日のダウンタウン」で大食いでは無い事がテレビであきらかに…

 

その時の様子は、この記事が詳しかったです。

 

【水曜日のダウンタウン】ジャイアント白田さん、全然食べられない(´・ω・`)

 

ジャイアント白田さんは、今は、もう大食いファイターとしての情熱は持っていないようですね

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、大食いファイターとして有名になったジャイアント白田さんの現在について紹介しました。

 

大食いファイターとしてプロ意識を持って、数々の賞金を獲得、5000万以上稼いだ後は、「串カツしろたや」のオーナーになっていました。

 

大食いブームが去ったきっかけは、中学生の事故があり、安全性やマナーの面が疑問視されたからでしたが

 

ジャイアント白田さんは、しっかりと次の人生を歩んでいたんですね。

 

ジャイアント白田さんの今後を応援したいと思います。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.