日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

福岡堅樹は医師の道も歩んでいる?経歴は?引退も決めている?

WRITER
 
福岡堅樹,医師,経歴,引退
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年9月20日(金)よりラグビーワールドカップ日本大会が開幕します。

 

今回のラグビー日本代表 福岡堅樹(ふくおか けんき)選手は医師志望?医学部に進学予定?という情報を見つけてビックリ!!

 

ラグビーで日本代表選手に選ばれるかつ医学部に行くなんて…漫画みたいだ!

 

福岡堅樹選手はどんな経歴なんだろう?

 

これは調べて見なければ!!

 

え?既に医学部進学のために引退する時期も決めている?

 

今回の記事では、福岡堅樹選手は医者志望なのか?医学部へ行くのか?引退も決めているのか?など福岡堅樹選手について調べてみました。

スポンサーリンク

 

福岡堅樹選手は医師志望のラグビー日本代表選手

現役の日本代表である福岡堅樹選手は、開業医である祖父の影響で小さい頃から、既に医師になりたいという気持ちがありました。

 

お父さんは歯科医師らしいので、優秀な家系なんですね。

 

もともと小さい頃からの気持ちに加え、

 

ラグビーで何度も怪我をして治療を行った事も大きいと本人は語っています。

 

高校2年生の時、左足の前十字靭帯を切断。また高校3年生の時には右足の前十字靭帯を損傷し治療を受けた事があるそうです。

 

前十字靭帯は切断するとスピードが落ちると聞いていた時、

 

整形外科の先生が、きちんとリハビリをすればスピードが戻る。と復帰を信じさせてくれる説明と治療を行ってくれた事に感動した経験があることも

 

医師を目指す動機になったんだそうです。

 

自分の怪我の経験を通して医師を目指しているなんて素敵ですよね。

 

スポーツ選手が怪我をしてリハビリを経験して理学療法士になる。という話は時々聞きますが

 

ラグビーで怪我をして医師へ、しかもラグビーの実力は日本代表。と聞くと、やっぱり凄いですよね。

 

そんな福岡堅樹選手は大学受験時、筑波大学の医学部を受験しました。

 

なぜ筑波大学かと言うと、ラグビーの強豪で医学部がある大学が筑波大学だったんだそうです。

 

高校生の頃には、ラグビーで全国大会に出場しているので、まさに文武両道の高校生ですよね。

 

しかし筑波大学の医学部進学は叶わず、筑波大学の情報学群に進学します。

 

しかし、今でも医学部進学希望なのは変わっていません。

 

ここまでで十分魅力的でカッコイイ。

 

スポンサーリンク

福岡堅樹選手の経歴・プロフィール

福岡堅樹選手 経歴 プロフィール

  • 生年月日 1992年9月7日
  • 身長/体重 175㎝ 83㎏
  • ポジション WTB ウイング
  • 出身地  福岡県古賀市
  • 出身高校 福岡高校 公立高校
  • 偏差値72  福岡県内 3/460 公立高校 2/210      全国 77/10050     (みんなの高校情報調べ)
  • 出身大学 筑波大学 情報学群
  • 偏差値57.5~60 センター得点率 77~83%
  • 所属チーム 『パナソニックワイルドナイツ』 『サンウルズ』

 


医学部から見ると情報学群の偏差値が落ちるように一瞬見えますが、

十分優秀なエリートですよね。

 

所属チームが2つな理由は

 

 

パナソニック ワイルドナイツ はジャパンラグビートップリーグという国内リーグで戦うチーム

サンウルズ          はスーパーラグビーという国際的なリーグ戦に参加するチーム

 

 

なので2つのチームに加入できるんですね。

 

ここでも1つ持っていたら凄いと言われるものを2つ持っていますね。

 

 

ラグビーの経歴

 

第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場

2013年 第49回全国大学選手権 筑波大学初の大会準優勝

日本代表に選出

2015年 第51回全国大学選手権 大会準優勝

2015年ラグビーワールドカップ日本代表に選出

2016年 パナソニック ワイルドナイツに加入

2019年 2019年ラグビーワールドカップ日本代表に選出

 

大学在学中に日本代表に選出されています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

福岡堅樹選手は医学部進学のため、引退の時期は東京オリンピック後

医学部進学のため、勉強に集中するため引退する時期も決めていると名言しています。

 

2019年 ラグビーワールドカップ

2020年 東京オリンピック終了後

 

今までのワールドカップ直前期間以外は勉強も並行して行っていたようですが

 

東京オリンピック後は学業専念なんですね。

 

日本開催のオリンピック終了後引退って、これもマンガみたいなキレイな話です。

 

ラグビーに対して、医学部進学、引退の事この動画でインタビューで語ってくれています。

スポンサーリンク

まとめ

ラグビー日本代表で主力、医学部進学、どちらか持っていれば十分凄いと称賛されるものを本気で2つ目指している福岡堅樹選手。

 

上の動画でインタビュー中に笑っている姿を見ると、純粋な気持ちで目標に向かっているんだなと思わされます。

 

2019年ラグビーワールドカップ、2020年 東京オリンピックを最後に引退すると名言していますが

 

引退までの大きな大会2大会、俊足の福岡堅樹選手が活躍する姿を応援したいと思います。

 

日本代表キャプテンリーチマイケル選手についても書いています。是非読んでみてください。

リーチマイケルの国籍はどこ?経歴や身長,体重,プロフィールは?

リーチマイケルのカフェ Cafe+64 の場所は?妻と経営?

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.