日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

一人暮らしで自立したい方必見!一人暮らししたい30代男性が知っておいておきたいこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

一人暮らしで自立したい方必見!一人暮らししたい30代男性が知っておいておきたいこと

スポンサーリンク



多くの人が憧れる「一人暮らし」ですが、中には「30代にもなったし、そろそろ一人暮らしがしたい…」と考えている方も多いのではないでしょうか?

 

プライベートを他人に邪魔されることがなく、自分で何でも自由に決められるのも一人暮らしの魅力です。

 

しかし、いざ一人暮らしをしようと思っても一人暮らしへの様々な不安や悩みなどでなかなか行動が起こせない。ということもありますよね。

 

そこで今回は、30代男性にスポットを当て、

一人暮らしをする上で知っておきたい生活費についての情報や部屋探しのポイント、

実際に一人暮らしをしている方の声などをまとめてみました!

これから一人暮らしをしようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

30代男性が一人暮らしで自立できるぐらいの生活費とはどれくらい?

 

一人暮らしをする上で多くの人が気になるものの一つに「生活費」があります。

総務省が公表している『平成26年全国消費実態調査』によると、一人暮らしの30代男性が一ヶ月にかける生活費は約18万円となっています。

 

なかでも男性の場合は、食費(約2.3万円)への支出が最も高い傾向にあるようです。

また、地域によって異なりますが、

30代男性が一人暮らしした時の平均家賃は約7万円となっており、20代で一人暮らしをした場合とほとんど変わらない金額になっています。

 

一人暮らしで自立したい男性必見!一人暮らしの節約術とは?

 

一人暮らしは実家暮らしとは異なり、これまであまり気にして来なかった電気代やガス代などの「生活費」も自分で支払っていかなくてはなりません。

好きなことにお金をかけられるようにするために、生活費はできるだけ安く抑えたいですよね。

 

ここでは、一人暮らしをするうえで知っておいて損はない「光熱費の節約術」についてまとめていきます。

 

まず、光熱費のなかでも最も割合が高い傾向のある「電気代」については、

 

冷暖房の設定温度を見直す、スイッチ付きコンセントを使用して使わないときはこまめにスイッチを切るなどの小さな方法で節約ができます。

 

また、一人暮らしであり、日中は仕事で家にいないという場合は「時間帯割引契約」をすることで、最も使用する時間帯の電気代を安く抑えられるため、こちらもおすすめです。

 

水道代やガス代の場合は、節水タイプのシャワーヘッドを取り付けたり、お風呂の保温シートを使用するなどといった簡単な方法でも節約が可能です。

 

湯船でゆっくり浸かるという方は、お風呂のお湯を変える頻度を少なくすることも効果的です。

 

 

男性が一人暮らしで自立したい…部屋を探す時のポイントとは?

 

30代男性なら、多くの場合、仕事とプライベートの両立が大変な時期です。そのため、一人暮らしをする部屋にも、部屋の広さや立地にもこだわりたいところですよね。

ここでは、30代男性が一人暮らしをする部屋を探す時のポイントをご紹介します!

 

まず初めに「自分のライフスタイルに合った部屋」を選びましょう。

例えば「自分が布団とベッドのどっちで寝たいか?」「ユニットバスと、お風呂とトイレが別の部屋のどちらにするか?」など、

 

自分の好みに合った生活が過ごせるお部屋を探しましょう。

 

また「どんな生活をするかをイメージしておく」ことも大切なポイントです。

例えば、パソコン環境が整った部屋にしたい場合、パソコン本体だけでなく周辺機器を置くスペースが必要になります。

 

音楽や映画が趣味という場合も、人によってはスピーカーやホームシアターなどを置けるスペースを確保する必要性も出てきますよね。

 

このように、自分がどのような生活がしたいかによって、部屋の広さや間取りも大きく違ってくるのです。

 

 

一人暮らしで本当に自立できる?実は意味がない?良いところ・困ったことなど男性のリアルな声を調査!

 

一人暮らしをしようと考えていても「一人暮らしって、どんな感じなんだろう?本当に自立できるのかな?」と不安に思っている方もいるかもしれません。

 

自分が本格的に一人暮らしをするうえで、実際に一人暮らしをしている人の声は聞いておきたいところですよね。

 

ここでは、実際に一人暮らしをしている30~40代男性のリアルな声をまとめてみました。

 

実家暮らしの時と比べると大きく環境が変化する一人暮らしですが、

『いえらぶコラム』による「一人暮らしをして何が一番変わったか?」というインタビューに対する回答は以下のようなものです。

 

毎日の洗濯や食事や掃除の大変さが一人暮らしになって大変さが身に沁みます。(40/男性/パートアルバイト)

 

自分の気付かないところで親がいろいろ世話をしてくれていたのを感じます。(40/男性/契約派遣社員)

 

このように、実家暮らしの時には親がしてくれていた家事や食事の用意などを、自分でやらなければいけない環境になると、親のありがたみを痛感するという方が多いようです。

 

いまだに家事のほとんどを女性が行う場合が多いですが、

 

彼女と同棲始めた時や結婚した時に、一人暮らしによって「家事の大変さ」を理解してくれている男性は女性にとっても、とても助かりますし、魅力的に見えるかと思います。

 

 

また、家事が大変であるのと同じぐらい、自由度が高いのが一人暮らしですよね。

 

一人暮らしをする男性の中には以下のように、自由や自立についての回答も見られました。

 

生活のリズムが良くなった。頼れるのは目覚ましだけなので、気合を入れて寝てる。(30/男性/無職)

 

束縛されずに自由を満喫できるようになりました。いろいろ一人でやることは大変ですが楽しいです(30/男性/会社員)

 

実家暮らしの時には、お金の管理や生活トラブルも親が対応してくれていた場合が多いと思います。

しかし、一人暮らしになると、全てを自己責任で行う必要があります。

自由であるぶん、一つ一つの行動に責任を持つことが生活のなかで意識されるため、精神的・経済的に自立できたという方も多いようです。

 

また、女性が男性と本格的に付き合い始める時や、結婚を考える時のポイントの中には「男性がちゃんと自立しているか」なども考慮しているという場合もあります。

「実家暮らしの男性は親に甘えているのでは?」という考え方を持つ女性も多いですので、男性の一人暮らしは、女性には魅力的に見えるステータスなのかもしれませんね。

 

 

一人暮らしで自立している男性は魅力的?女性は男性の部屋のココを見ている!

 

実家暮らしの時は、家族に自分の予定や「何時頃に誰が自宅に来るのか」などをあらかじめ話しておく必要があることが多いですが、

 

一人暮らしになると、家族の目を気にせずに友達や彼女を部屋に呼べるのも楽しみの一つといえます。

 

しかし、いざ彼女や女友達を部屋に呼んだ時に「何これ…ありえない!」と思われたら恥ずかしいですよね。

 

そこでここでは、一人暮らしの男性の部屋を女性はどのように見ているのかをまとめていきます。「一人暮らしをして、彼女に格好良く思われたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

 

まず女性が気にするのは「部屋のニオイ」です。部屋に上がった瞬間にわかってしまうため、こちらは念入りに対策を立てる必要があります。

 

芳香剤や芳香スプレーをはじめ、毎日の換気なども徹底して行うようにしましょう。中でも特に、玄関やトイレなどといった生活スタイルが一目でわかるこれらの部分は注意しましょう!

 

次に女性が気にするのは「きちんと掃除されているのか」という点です。仕事が立て込んでいる時などには、掃除が面倒になることってありますよね。

 

しかし、女性は床や寝具だけでなく、トイレお風呂なども男性がこまめに掃除しているかチェックしています。

 

掃除ができていないと、ニオイの発生にもつながってしまうため、押さえておきたいポイントの一つともいえます。

 

最後に多くの女性が気にする点として「本棚や家具」があります。男性の中には「えっ!何でそこをチェックするの?」と思う方もいるかもしれません。

 

実は、実家暮らしの時とは違い、自分の趣味や好みが現われやすい一人暮らしの男性の部屋は、

 

まさに女性が「その男性はどんな趣味や生活における癖があるのか」をチェックするには好都合なのです。

 

ポスターや本棚などからは「男性の趣味」、家具やインテリアからは「男性のセンスと癖」が読み取りやすく、女性は意外にも様々なポイントから男性を見ているのです。

 

そのため、一人暮らしとはいっても、家具はシンプルなものにしたり、部屋のスタイルについての何かしらのコンセプトを持っておくと良いかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

一人暮らしも立派な自立!一人暮らしで自由な暮らしを始めてみませんか?

 

実家暮らしとは違い、さまざまな点で不安や悩み事が増えるのが一人暮らしですが、経済的にも精神的にも自分を成長させてくれる一面もあります。

 

一人暮らしで自分らしいライフスタイルを始めてみましょう!

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.