日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

車内のホコリの原因は何?対策はどうすればいいの?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

に付着してしまうホコリの原因は何?対策はどうすればいいの?

スポンサーリンク



 

大切な車を洗っても、拭いても、さらには綺麗にコーティングをしても

 

なぜか「ホコリ」だけが十分に取れなくて困っているそこのあなた。

 

車体の色が黒だったり、あるいは紺色などの濃い色である場合には、

 

特に汚れていると感じてしまいますよね。

 

今回は、その車に付着するホコリの原因とその対策をご紹介します。

 

こちらの記事では、車の窓ガラスの水垢の取り方について紹介しています。

車の窓ガラスについた水垢が気になる!掃除の仕方とコツは?

フロントガラス内側の曇りについての記事です。

フロントガラス内側の曇りの原因と取れない時の対処法とは?

 

 

 

 

ホコリの原因となるのは、ズバリ、静電気です。

 

この静電気が発生することで、ホコリが集められてしまいます。

 

そのため、ホコリによる悩みを解消するためには、まずこの静電気への対策を行う必要があるのです。

 

実際、静電気に悩まされている人は非常に多いので、この静電気に対する対策方法というのは数多くあります。

 

例えば、手軽な方法であれば、自分自身の足元を濡らして自分が持っている電気を流してしまう方法や、

 

市販の帯電防止クロスで車に電気がたまらないようにする方法などが挙げられるでしょう。

 

ただ、残念なことに、完全にホコリをなくすということはできません。

 

地球上のものは、全てが電気を帯びており、少なからずホコリを吸い寄せてしまうものなのです。

 

ですが、対策をすることや、静電気による仕組みを知っていくことで、見た目にははっきりと違いが現れるでしょう。

 

 

 

車のホコリの原因は?静電気対策をが大切

 

 

先にご説明した通り、ホコリの原因は静電気の発生によるものです。

 

静電気というのは、ものとものが擦れ合った際に生じる電気のことで、電気のバランスが変化することが原因で発生しています。

 

では、どのようにして静電気が発生するのか?

 

地球上のすべてのものは電気を帯びているのですが、

 

詳しく言うと、プラスとマイナスの2種類の電気がバランスよく配置されているのです。

 

しかし、摩擦が発生すると、そのバランスに変化が起き、プラス電気が増えていってしまいます。

 

例えば、車に摩擦が発生し、プラス電気ばかりの状態になった場合になったとしましょう。

 

すると、プラス電気は、N極とS極のように、マイナス電気とくっつこうとする動きが生じます。

 

この時にマイナス電気をもっているホコリを引き寄せてしまっているのです。

 

これが、車に発生するホコリの正体になります。

 

ですから、ホコリを除去したい場合には、まずはこの静電気の対策を行う必要があります。

 

そうでないと、いくら車を掃除したところで、ホコリ汚れからは逃れられないでしょう。

 

車の中に入ってくるホコリの除去と対策

 

 

では、具体的に、ホコリの付着を防ぐための静電気対策をご紹介していきましょう。

 

まず、静電気の正体は以下の2つに分けられます。

 

①洗車やワックスがけを行なっている時に起きる摩擦による静電気

②車や自分自身の体にたまっている静電気

 

まず、①の静電気を防ぐ方法は以下の通りです。

 

1、地面を濡らしておく

 

洗車やワックスがけをする時に、自分自身が電気を帯びている状態では、ホコリを引き寄せやすい状態が続いてしまいます。

 

それを防ぐために、戦車やワックスがけの前には、一旦自分自身の足元に水をまいておきましょう。

 

これによって、体にたまっている電気が、放電されやすくなります。

 

2、静電気防止・帯電防止のクロス、帯電防止コーティング剤を使用する

 

そもそも、ワックスがけをする時には、その行為自体で摩擦が発生してしまいますよね。

 

それを少しでも減らすために、ワックスがけの仕上げに使用するクロスやコーティング剤を、静電気を防止してくれるものに変更しましょう。

 

次に、②の静電気を防ぐ方法を見ていきましょう。

 

1、静電気防止アースベルト

 

これは、車体にたまった電気を地面に流すための道具です。

 

ベルトやチェーンなどのタイプがありますが、車体の裏側への取り付け作業を行う必要があります。

 

2、静電気除去キーホルダー

 

静電気は、自分自身が電気を帯びていることで、車へのホコリの付着を促している可能性があります。

 

そもため、静電気除去のキーホルダーやブレスレットを身につけるのも一つの方法です。

 

3、静電気除去スプレー

 

車内では、車のシートと衣服の摩擦により静電気が発生しやすくなっています。

 

このような静電気は、静電気除去スプレーなどを衣服やシートにスプレーすることによって、発生を防ぐことができるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、車に付着しやすいホコリの原因となる静電気の正体や、その静電気を取り除くための方法についてご紹介しました。

 

完全にホコリを取り除くのは難しいものの、原因を知り、対策を行うことでかなりホコリによる汚れは軽減されるはずです。

 

特に冬場は静電気が発生しやすく、車体や自分自身の体も電気をためやすくなっています。

 

今回紹介した方法を実践して、ホコリによるストレスから解消されましょう。

 

 

 

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.