日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

車の窓ガラスについた水垢が気になる!掃除の仕方とコツとは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

車の窓ガラスについた水垢が気になる!掃除の仕方とコツとは?

 スポンサーリンク



 

ふと自分の車を見ると、

 

フロントガラスや窓ガラスに丸い輪のような汚れがびっしりとこびりついていた、なんてことはありませんか?

 

車体の汚れもそうですが、窓ガラスやフロントガラスなどは、外からも中からも目立ってしまい、気になりますよね。

 

プライバシーガラスなどの場合には、特に見た目も悪くなってしまいますし、

 

フロントガラスに関しては視界を遮ってしまうため危険も生じます。

 

このウロコ状の水垢、一体なぜ付着してしまうのでしょうか?

 

 

今回は家庭にあるもので行う車の窓ガラスの掃除の仕方をご紹介します。

 

こちらの記事では、車のホコリの取り方について紹介しています。

車内のホコリの原因は何?対策はどうすればいいの?

車のフロントガラス内側の曇りの記事についてはこちらから

フロントガラス内側の曇りの原因と取れない時の対処法とは?

 

 

 

 

実は、ガラスに付着する汚れには2種類あります。

 

1つはウロコ状の汚れとなる水垢、

 

もう1つは油膜と言われる汚れです。

 

 

一般的に、水垢汚れだけであれば、そこまで視界を遮ることはありません。

 

ですが、この水垢汚れに油膜が乗ってしまうと、対向車のライトが乱反射することによって視界が極度に悪くなります。

 

多くの場合は、この水垢と油膜がセットになっているので、まずはこの油膜を落とすことを考える必要があるのです。

 

油膜自体は、落とすことはそれほど大変ではありません。

 

市販の油膜除去剤などを用いて、そのほとんどを除去することができます。

 

ですが、ウロコ状の水垢に関しては、ガラスに凸状に付着しているため、これを削る、あるいは溶かす必要があります。

 

ですが、削るとなるとガラス自体を傷つける可能性があるので、

 

 

今回は「お酢」を用いた方法でガラス垢を除去していきましょう。

 

 

また、水垢を除去した後も、窓ガラス等にケアを行うことで、

 

汚れがつきにくくなりますから、出来たら、撥水コーティングなどをしておくことをオススメします。

 

 

 

家庭にあるもので出来る!車の窓ガラスについて水垢の掃除の仕方

 

 

今回は、各家庭にあるもので行える、窓ガラスの水垢掃除の仕方をご紹介したいと思います。

 

まず、油膜の掃除について。

 

油膜汚れの原因は、排気ガスやばい煙などに含まれる油分です。

 

この油汚れを落とすために用いるのは、どのご家庭にもある食器用洗剤になります。

 

使い方としては、10倍ほどに希釈をした食器用洗剤液を窓ガラスにつけて、汚れを落とすだけです。

 

一つ注意していただきたいのは、食器用洗剤は油汚れに強い一方で、

 

泡切れが悪く、すすぎ残しがあるとそれが再び汚れとなってしまうので、洗い終わりはしっかりと泡を洗い流してください。

 

これで、油膜汚れはほとんど除去できたかと思います。

 

次は、ウロコ状の水垢汚れの掃除について。

 

この水垢汚れは、水分などが蒸発した際に、水に含まれるミネラルなどが残ってしまったことが原因の汚れです。

 

この汚れを落とすのに用いるのは、「お酢」です。

 

酸性のお酢を用いて、ミネラルを中和して汚れを落としていきます。

 

掃除の方法は、ティッシュなどにお酢をつけて、うろこ状の水垢がある場所に15分ほど貼っておき、しっかりと拭き取るだけです。

 

ただ、頑固な水垢汚れはこれだけでは取れない可能性があります。

 

その場合には、メラミンスポンジを購入し、汚れをこすり落としましょう。

 

ただし、このスポンジは繊維が比較的硬いので、車体のボディに使用すると傷をつけてしまう恐れがあるため、使用はガラス面のみにしてください。

 

 

車の窓拭きをする時のコツとケアの方法とは?

 

車の窓ガラスを綺麗に保つためには、定期的な掃除が一番です。

 

その際には、簡単な手順に従って窓拭きをすることで、よりキレイにすることができます。

 

・外窓の場合

 

外窓を拭く場合には、まずはカーシャンプーなどを用いて、汚れを落としましょう。

 

ここで、窓ガラスに水垢等がついている場合には、前述した水垢汚れの落とし方を試してみてくださいね。

 

最後は、乾いたタオルなどで乾拭きをしましょう。

 

・内窓の場合

 

内窓は、水拭きで掃除をするのが基本です。

 

水拭きでキレイにならない場合には、ガラスクリーナーなどを用いて掃除をすることも可能ですが、必ず車用のガラスクリーナーを使うようにしてください。

 

最後は、外窓と同様に、乾拭きをしましょう。

 

ガラス窓の掃除を一通り終えた後は、ガラスの撥水コーティングを行います。

 

撥水剤は市販のもので大丈夫ですし、塗り方も細かい決まりはありません。

 

ただし、塗る前に、きちんと油分や水垢汚れを落としてあること、そしてきちんとガラス面が乾いていることは確認しましょう。

 

塗り終わった後は、夏場であれば5分、冬場であれば10分程度放置して、クロスなどで拭き上げてください。

 

まとめ

 

今回は、窓ガラスについて水垢の掃除方法やその後のケアの方法などをご紹介しました。

 

普段、何気なく乗っている車であっても、見た目がキレイかどうかでかなり印象は違ってくるものです。

 

白く濁り水垢汚れがこびりついている窓ガラスが、ちょっとした手間をかけるだけで、見違えるほどキレイになるのは爽快そのもの。

 

今回は、ご家庭であるものでできる掃除方法を紹介しましたが、

 

市販でも様々な掃除用品が販売されていますので、やりやすい方法を試してみてくださいね。

 

あなたの車のガラスがキレイなる事を祈ってます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.