日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

職場でのいじめが辛くなった時に私がした仕返しの方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサードリンク





女性の多い職場にいじめはつきものです。

私も女性だらけの職場にいたので、やはりいじめの対象になってしまいました。

ですが、そのいじめに対して仕返しをすることに成功しました!

約4年間という長丁場の戦いになりましたが、周りの協力を得て成し遂げた仕返しです!

職場のいじめが辛くなって悩んでいるあなたに読んでいただきたく、

今回は私のいじめの実体験と実際にした仕返しの方法を紹介したいと思います。

 

職場の嫌がらせにはきっちりと反撃を!! 私が実際にした方法

 

私の仕返し方法は、されたことに対してやり返すというよりも、その人に目の前からいなくなってもらうという方法です。

私は無視と威圧的な態度でいじめを受けました。

期間としては約4年間です。

無視には慣れたものの、威圧的な態度で接する上司がどうしても許せなくて私は仕返しをしました。

「経験年数が上なだけで調子に乗っているこいつに、どうにかして制裁を加えなければいけない!」と言う正義の心が出てきました。

今まではビクビクと怯えてしまっていましたが、だんだんと怒りの感情が湧き上がっていました。

 

まず私がしたことはいじめてくる上司より上の人にチクることでした。

 

ですが、全く効果がなく門前払いでした。

そのいじめてくる上司は同じ職場で12年も働いていたツワモノで、自分より先輩には良い顔をするので「そんなわけない。」ととりあってもらえませんでした。

確かに自分より上の上司がいる時はニコニコしていました。

私は真実を伝えているのに、あの上司の方が信頼されていると思うともう悔しくて悔しくてたまりませんでした・・・。

 

この職場環境があいつを調子に乗らせていると思うと更に怒りが広がっていきました。

なので、「私はどうにかしてこいつを目の前からいなくならせよう。」と思いました。

私の勤めていた病院にはスタッフ間での意見箱があります。

患者さんからスタッフへの意見ではなく、スタッフからスタッフへの意見箱があるんです。

感謝の気持ちを述べてもいいし、何か対応が悪かったら正直な意見を書いてもいいというものでした。

私はこれを使って復讐することを決めました。

 

 

匿名で記入できるので他の部署のスタッフを装ってクレームを書きました。

「××科の△△さんの態度がとてもひどいです。

挨拶は無視するし、患者さんへの態度もひどいです。

患者さんが委縮してしまっていて怯えているようでした。

病院スタッフとしてこれはいかがなものでしょうか。」

というように書きました。

 

 

実際に、患者さんからも「あの看護師さんは冷たいね。」という意見を何度も聞いていたので、その意見も拝借して嘘偽りなく悪いところを書いて投書しました。

「さぁてどうなるかな~?」とワクワクしながら待っていると、投書してから1週間くらい経ったときに、その上司が一番上の上司に呼び出されていました。

1時間くらい持ち場に帰ってこなかったのですが、帰ってきたときの顔はもうゲッソリ!

「やった~!これは絶対怒られたなよな。」と思っていると、次の朝礼で一番上の上司が「最近他病棟のスタッフから態度についてクレームをもらったので気を付けるように。」言っていました。

その時にいじめてきた上司の方をチラッと見るともう真っ青!

最高でした!

ですが、これだけでは物足りませんでした。

もっともっと懲らしめてやりたくなったのです。

 

なので1か月に1回スタッフの意見箱に投書し、他の部署にいる同期の子にも協力してもらい、クレームを書いてもらうようにしました。

 

患者さんで「あの看護師は対応がひどい。」と言ってきた方には

「ここで言うよりも意見箱に書いてもらった方が患者さんの意見が届きやすいです。私からも上司には報告しておきますね。」と言って意見箱に投書してもらえるように促しました。

そして少しずつ少しずつ追い詰めていき、

 

いじめられ始めて4年経った頃にその上司を異動させることに成功しました!

 

しかも今の部署よりもデキないやつらの吹き溜まりと言われている場所でした!

 

もう「ざま~みろ!」って感じでニヤニヤが止まりませんでした。

 

帰宅してから一人で祝杯をあげたのを今でも覚えています。

4年もかかってしまったのですが、その間ジワジワと大人しくなっていく上司を見ているともう快感で仕方なかったです!

挨拶は結局無視され続けましたが、威圧的な態度は減っていました。

多分それどころじゃないくらい自分の立場が追い詰められていたのかもしれません。

そして、その上司の送別会は欠席し無事に仕返しが終了しました。

長丁場になりましたが、達成した時に気持ちはとても晴れやかで気持ちがいいです!

 

 

 

女だらけの職場のいじめの内容

 

私が受けたいじめは無視と威圧的な態度なので、殴られたわけでもないし、仕事に行けなくなったわけではありませんがとても傷つきました。

では、その内容を話していきます。

私は看護師をしています。

看護師といえば女だらけの職場ですし、気の強い女性が気の弱い女性をいじめるみたいなイメージかもしれません。

ですが、新人の頃の1年目はいじめの対象にはならず、厳しくもその中に優しさがあるような指導を受けていました。

「雰囲気が良いし、優しい人ばかりの職場で働けてよかったな~。」と思っていました。

自分のことで精一杯だった新人時代だったので、もしかしたら周りに対して疎かったのかもしれません。

いじめのきっかけは突然やってきます。

あれは就職して2年目の時でした。

私の働いていた職場では1か月に1回会議があるのですが、経験年数の若い順から意見をどんどん言っていかないといけないんです。

「名前を指されて意見を言うよりさっさと意見を言っちゃおう!」と思い、手を挙げて意見を言った瞬間から空気は変わりました。

上から3番目くらいに偉い上司がこちらをにらみつけているんです。

「何か悪いこといっちゃったかな?」と焦りで心臓はバクバク・・・。

でも、意見した内容はポケットに危険なものを入れたままにしないための対策だったので、そんなに周りをイラつかせるような意見は言っていなかったはずなんです。

会議が終わるまでチラチラとこっちを見ながら隣の上司と何か言っていました。

会議が終わってから何か言われるんじゃないかとビクビクしていたんですが、その日は音沙汰なしでした。

ですが翌日出勤してその上司に「おはようございます。」というと、私の顔を見ているのに挨拶を返さず無視されました。

「えっ?」と心の中でパニック状態になってしまいましたが、仕事が始まるのでそのままにしておきました。

すると、そのまま仕事をしていたのがまずかったのか、朝の朝礼の時に皆の前で名指しで呼ばれました。

「〇〇さん、あとで私のところへ来て。」と言われました。

いきなり名前を呼ばれたのと、「私のところへ来て。」と言う時の声のトーンがいつもよりも低かったのが恐ろしすぎて、冷や汗が出るほどでした。

言われた通りにその上司のところへ行くと、別室に連れていかれシフト表を見せられ「なぜここを2連休とったのか?」とチクチク責め立てられました。

その上司はシフト表を作る係なのですが、どうやら自分が取りたい休みの日と私が希望した休みの日がかぶってしまったようなんです。

もうとにかくこれ以上、怒られたり責められるのが嫌だったので、「すみませんでした!私は大丈夫なのでお休み取り消しにしてください!」と言いました。

ですが、それでは許してもらえず「きちんと自己管理ができてない。」とか「私の新人の頃は休みは希望しなかった。」とか色々言われました。

仕事を抜けて言うような説教ではないと思うのですが、延々と無茶苦茶なことを言われました。

その時は怖すぎて何も考えられなかったのですが、後から「なんであんなに怒ってたんだろう?」と不思議でなりませんでした。

そしてその日から朝の挨拶は全て無視されました。

他のスタッフには挨拶を返すのに、私には一度も返しませんでした。

無視と一時的な説教だけならよかったのですが、この上司はすごく機嫌の波が激しい人で機嫌が良い時はベタベタしてきました。

「ねぇ~今日飲みにいかない?」と夕方になると誘ってきました。

断ると今度は無視以上のことをされるかもしれないと思ったので、一度も断りませんでした。

ひどい時は夜中の1時に電話がかかってきて、「今から居酒屋に来い!」と言われたこともありました。

この無視と威圧的な態度は、経験年数2年目から5年目までずっと続きました。

本当に生き地獄で部署異動の希望も何回も出していたのですが、人手不足で希望は通らなかったです。

仕事自体は楽しかったのに、いじめが辛くて「仕事に行きたくないな~。」といつも思っていました。

ですが、きっちりと仕返しをすることでスッキリしましたし、自分の居場所を確保できてホッと一安心しました。

 

まとめ

今回は私が職場で経験したいじめとその仕返しの方法について紹介しました。

女性の多い職場はやはりいじめは多発していると思います。

病院という特別な職場だからできた仕返し方法かもしれませんが、職場でのいじめに悩んでいる人はぜひ私の仕返し方法を参考にしていただければなと思います。

いじめに屈してしまいそうなときは、怯える気持ちや悲しさを抑えて怒りに変えてみてください!

では、検討を祈ります。

 

スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.