日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

線香の本数に意味はあるのか

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

線香の本数に意味はある??

ふと線香の本数に疑問を感じ、調べた事を含め、ちょっと線香の本数について記事にしてみました。

線香の本数に疑問がある方は、是非ちょっと読んでみてください。

スポンサーリンク



 

 

宗派などで線香の本数は違う? 2本?3本?

 

 

 

お悔やみ事でお通夜やお葬式に参列する機会って、社会人になると増えていくこともありますよね。

お寺参りやお墓参りにも、お線香は使いますが、ふと、お線香をあげる時に思うことってありませんか?

立ててるお線香の本数が2本だったり、3本だったり、もしくは束になっていたり・・・。

それから1本を2つに折って、寝かせて焚く場合もあります。どうしてその場面場面で、お線香の本数が違うのか・・・。

それには、宗派などによって、しっかり意味があります。

筆者もあまり宗派のことに詳しくなく、知り合いのお悔やみでのお通夜や葬式、お寺、お墓参りに行きますと、必ずといっていいほど線香の立て方で戸惑っていました。(汗)

香炉に3本立っているその両端に、折れた短い線香も数本立っているのを見た経験があり、

なんだか沢山焚きすぎじゃないのかなと、違和感があったり、寝かせて炊いてあった時は、これもありなんだ?と思ったり、

勝手にマナー違反じゃないの?と一人で疑ってモヤモヤしていたこともありました。

実はそこそこの宗派で、決まっている立て方があれば、絶対にこれ!といった決まりがあるわけではなかったのです。

そうとは知らず、モヤモヤ思い込んでいた自分がお恥ずかしい。(笑)

 

線香の本数の意味が諸説ある3本の場合

 

まず線香を3本と決められている宗派があります。

「天台宗」と「真言宗」の2つが、この教えになります。

3本の線香を立てる意味は、この宗派の「三宝」である「仏」、「法」、「僧」の要素を表していて、「過去」、「現在」、「未来」の意味もあるようです。

線香を立てること自体は、仏様へのお供物の一つですが、「三宝」に帰依する意味を含めての所作でもあります。

線香の立て方は、香炉の中に逆三角形を作るように立てます。

「三宝」以外のその他の説では「身」、「口」、「意」を合わせた「三業」の意味や、

「貪」、「瞋」、「癡」を合わせた煩悩の「三毒」という意味があり、

「三毒」については滅するために線香に表現したのではと唱えられています。

 

天台宗と真言宗の、3本立てる仕来りにも守られている作法があり、「四十九日までは故人の枕元に立てる線香は1本」と決まっています。

近年ですと、そこまでしっかり行う風習は無いかもしれませんが、由緒ある家系やお寺関係ですと、お通夜から葬儀にかけて大切にされている作法ではあります。

故人の魂が道に迷わないよう、線香の明かりで行くべき場所へ旅立てるように、道しるべの役割から1本だけなのです。

確かに、身近な方が亡くなられたら、あの世でも安心して旅立ってほしいという思いはありますね。

故人へ向けられた線香というのは、ある意味、生きている私達の祈りを込めるためにもあるのかもしれません。

故人の枕元や御位牌とは別に、仏壇が設けられている場合は、線香を3本立てても問題はありません。

筆者がお通夜や葬儀に出席する時は、宗派が「浄土宗」であることが多いです。

「浄土宗」は、線香の本数にこれといって決まりがありませんでした。

他、本数に決まりがない宗派に、「日蓮宗」、「曹洞宗」、「臨済宗」があります。

大体1本から3本で立てるようです。

なんだか、線香の本数よりも、宗派がこんなにあることの方が驚きでした。

 

 

 

お通夜での線香の交換などは?

 

お通夜での線香の火は、字のごとく、夜通し炊いておくものなので、絶やしてなりません。

必ず「線香番」という者が付き添います。

ご遺族の方が寝ずに番をすることもあり、宿泊が困難だったりする場合もあります。

前途にも記述しましたが、故人の道しるべを照らすためにも線香を焚き続けなければならないのですね。

近年ではご遺族にそういった負担がかからないような方法も懸念されてはいますが、やはり故人の弔いが最優先であります。

立てる本数の決まりが特にない宗派でも、必ず1本は炊いておきます。

この風習が長い歴史を経て、どの宗派にも行われているというのは、故人を大切に思うからこそなのではないでしょうか。

筆者は「線香番」という言葉があることすら初めて知りました。

ご遺族の方が疲れた様子になるのは、このような通過儀礼を、見えないところでしっかり行っていたからなのかなと、しみじみ思いました。

もし筆者が線香番を引き受けたら・・・と想像してみると、普段、睡魔に弱い自分には無理だ・・・と結論に至りました。(汗)

故人の送り人は務まらないのです。

 

 

最後に

 

こういった教えを堅苦しいと思われたり、関心自体がないという方にも、故人に対して自分なりに線香に祈りを寄せてみてはどうでしょうか。

線香は独特な匂いと煙を放ちますが、野外用と室内用とで煙の量も違います。

筆者は線香の香りが好きで、気分が落ち着きます。

もしかすると、故人にあげる線香というのは、お通夜や葬儀の時に募る悲しみを紛らわせたり、沈める効果があるのかもしれません。

あるいは、必ずといっていいほどお悔やみごとに起こる親族との揉め事ですが、

そこから生まれる悲しみ以外の怒り、何かしらのやるせない感情というのも、線香は沈めさせる意味を持っているのではと思うのです。

宗派に関わらず、線香の本数に意識してみたり、

「三宝」の意味合いを、自分なりの意味合いに置き換えて考えてみるのも、違う視点で捉えることができます。

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.