日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

神社のお参り時間はいつがいい?パワーをもらえる参拝時間とは

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

神社のお参り時間はいつがいい?パワーをもらえる参拝時間とは

スポンサーリンク



 

日本人は様々な節目に神社を参拝します。
初詣・お盆・大晦日の他、七五三なども馴染みが深いです。

個人的な出来事、例えば恋愛成就や合格祈願でも参拝しますね。
あなたも何らかの祈願を行ったことがあるでしょう。

私も神社に参拝しに行ったことがあります。
友人たちと観光やパワースポットとしてよく訪れました。

なんとなく午前中に参拝することが多いです。

一方で夜の神社は少々不気味なのであまり行くことはないですが、時間帯を特別意識したことはありません。

私も、神社は終日参拝可能が大半なので、気にしたことはありませんでしたが

しかし神社の参拝にはベストな時間があります。

 

 

その時間とは、早朝からお昼ごろまでです。

その理由は、

l 陰陽道でいう陽のパワーで包まれていること
l 安全に参拝できる時間であること

です。

この時間に参拝することで得られるメリットもあります。
参考にしてみてくださいね!

 

神社のお参り時間は決まっているの?

神社のお参りに行く時、あなたはマナーを気にしますか?
信仰をもつなら、それにならった行動をしたいですよね。

神様であろうと人であろうと、マナーのなっていないお客様は嫌われます。

では神社のお参り時間はいつがいいのでしょうか?
私があなたにオススメする時間帯は、早朝からお昼ごろまでです。

 

 

これには2つの理由があります。

 

1つ目は陰陽道の観点。

 

2つ目は安全面を考慮した観点です。

 

 

まず陰陽道の観点からみましょう。

 

陰陽道では光のある日中は陽の力、光のない夜中は陰の力で満ちています。
特に18時頃は逢魔が時といわれ、良くない時間と言われています。

 

話が専門的でピンとこないですが…

何となくそんな不穏な時間に訪れても願いは叶いそうにありませんね。

神社は神様の力で満ちています。
そのエネルギーは一日毎に浄化されると言われています。

気がリフレッシュされている早朝は、より人間の煩悩が少ないでしょう。

それに気持ちがスッキリしています。
煩悩の数が少ないということは、神様にお願いも届きやすくなります。

さらに社は神様のおられる家なので、夜間の訪問は控えましょう。

神様もお休みが必要ですよ。

次に安全面から考えてみましょう。

神社は階段が多く街灯に欠けます。
社務所も夜になると閉まるので人通りがぐっとなくなります。

足元の見えづらい中歩くことは、転倒や大怪我のもとです。
なにかトラブルに巻き込まれた時、周りに人がいないことも不安要素のひとつ。

これらの理由によって日が暮れてからの参拝は危険が伴うこともあり、避けましょう。

そのため神社の参拝は日中―とりわけ午前中が適切でしょう。

また神社によっては参拝時間に制限がある所もあります。
参拝する神社の公式ホームページなどで確認しましょう。

 

神社でお参りする意味って何?

 

神社が信仰しているのは八百万の神です。

 

八百万の神々にはいろんなものを司る神様がいますね。
自然、物、土地などがあげられます。

 

日本人の生活に則した信仰ですね。
昔から祈願と感謝を捧げてきました。

 

こうした祈願と感謝を伝えるために訪れる人がほとんどでしょう。
では神社でお参りする目的は、お願い事を叶えてもらうことだけでいいのでしょうか?

 

神社に訪れた理由は人それぞれ。
祈願に行くひともいれば、散策しに行く人もいますね。

 

以前京都の伏見稲荷大社に午前6時頃に友人と参拝しました。
時期は初夏、少し肌寒い朝でした。

 

朝が早かったからか人通りも少なめでした。

正規ルートではないような、竹やぶを散策したりしていました。

途中の道のりで地元民と思しき男性とすれ違ったことがあります。

気持ちのいい挨拶をしてくれました。

私はそのときとても清々しい気持ちになりました。
それからすれ違う観光客に挨拶するようにしたことがあります。

 

朝の澄んだ空気も私の心を浄化してくれたように思います。
日中では味わえない気持ちです。

お願い事を叶えてもらうためだけに神社に訪れるのはもったいないです。
お祈りするだけでなく、こうして五感で周りを感じて下さい。

体中でパワーを貰えることでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

神社のお参り時間に午前中、とりわけ私は早朝をオススメします。
朝方に参拝することで、あなたが願う以上のパワーも得られるでしょう。

陰陽道で言われる陽の気に満ちているというのも、うなずけるとおもいます。

ぜひ自然の気を堪能しつつ、気持ちよく参拝して下さいね。

 

 

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.