日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

着物って左前?右前? 着物を着る時の注意点

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさんは、「着物ってどっちが前だっけ?」と質問されてサッと答えることができますか?

正解は、着物は「右前」が正しいです。
なぜ右前で着こなすのか、そもそも左前だと何が悪いのか?
夏祭りの定番や旅館でのパジャマに多い「浴衣」、かしこまったシーンでしか着ることはないが着こなせたらかっこいい「着物」

今回は、そんな和服の着こなしをそのルーツとともにご紹介。
これでどんな場面でも恥をかかず、一日本人として胸を張って和服を着こなしましょう!

スポンサーリンク



●なぜ着物は左が前じゃないの?その理由は?

まずは、簡単に着物の着方について整理しましょう。
着物は、「左前」に着てしまうと亡くなった人だよ!と聞いたことがありませんか?

 

日本では、仏教を宗派とする家庭だと、亡くなった人には「経帷子」と呼ばれる着物を着せる習慣があります。

これは、「きょうかたびら」と言い、仏教で死者を葬るときに亡くなった人に着せるための白い着物のことです。

 

以前料亭で働いていた際、毎回着物を着ていましたが、その都度どちらが前か後か分からなくなってしまい、

女将さんに「左を前にすると亡くなった人なのよ!」と怒られた記憶しかありません(笑)

何度も自分で着ていくうちに慣れましたが、年に1回しか着ない、という状況だとどうしても覚えるのは難しいな…と感じました。

ちなみに、着物の合わせは「右前」というルール、いつからできたのかご存知ですか?

実は、これは奈良時代にできた決まり事でした。

それまでは着物を着るという習慣はあっても、その合わせは右・左どちらが前でもよかったのです。

しかし、あまりにも曖昧な認識が広がったため、日本で初めて未婚のまま天皇になった女性・元正天皇が出した「右衿の礼」でした。

なぜ右に決めたのかにも理由があります。

当時、交流が盛んであった中国の唐では、着物などの和服は「右前」で合わせられていました。

その習慣を取り入れ、着物はすべて「右前」になったのです。

 

●勘違いしやすい!「右前」 「左前」

上の着物の女の子の画像をみてください。

 

これが『右前』です

え?女の子にとって左側が前にきてない?と思っちゃいますよね。

私は最初混乱しました。

しかし、これが『右前』です。

 

着ている女の子は、着衣の際、右を最初に入れて、後から左を入れています。

右を最初に入れるのが、『右前』です。

 

●浴衣を着て自撮りをすると、左前になってしまう!

そもそも、なぜ私たちは「右前」「左前」を悩んでしまうのでしょうか?

毎年、動画などで浴衣の着付け方法を検索した時も、反転しているため右と左どちらが前か分からなくなってしまいます。

 

普段わたしたちが日常で着ている洋服は、左前のものが多いため、現代の若者は着物や浴衣を「左前」で着てしまいがちです。

着物着る事を楽しみにしていたけど、

友達に教えてもらいやっとの思いで浴衣を着こなせた…という苦労した思い出も。

和服を着るときの合わせは、「右側」が正しいです。

着物や浴衣の着付け動画で「あれ、どっちが前?」と迷ってしまうのは、洋服に着慣れた現代のわたしたちだから出る疑問なのです。

ちなみに、洋服の際は男性が「右前」、反対に女性は「左前」です。

自撮りは、反転してしまうため和服の「右前」と「左前」が逆になってしまいます。

後々見返したときに「あれ、左前になっている…」とならないためにも、

浴衣や和服で自撮りをする際には反転機能をオフにしたり、鏡越しに反転で撮ってみる、など工夫することが必要です。

年上の方に写真を見せる際に、「この子和服の着こなしも知らないのか」と思われないようにしましょう。

●いかがでしたか。

最近は昔に比べて和服を着る機会は少なくなりましたよね。

今ではみんな洋服を着るのは当たり前、毎年1~2回着れば「和服を結構着ている」という認識になります。

夏祭りの際は浴衣を着る人が多いでしょう。また、旅館等お泊りに行った時も、パジャマが浴衣というところも多いです。

そんな時、サラっと右前・左前を悩まず着こなせたら、「あ、この子知識あるな」と思わせることができます。

日本人としてきちんと把握しておきたい和服の着こなし術。

基本的な「右前」「左前」は知識として理解しておきましょう。


この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.