日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

浴槽の汚れと黒ずみの原因とごっそり落とすテクニック!!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

浴槽の汚れと黒ずみの原因とごっそり落とすテクニック!!

 スポンサーリンク




 

 

浴室のなかでも、多くの人が念入りに掃除をしている浴槽ですが、浴槽にこびりつく汚れや黒ずみは洗剤だけでは取れにくく、

キレイにするのが難しい!!と筆者は思っていました。

しかし、そんなお風呂掃除の天敵である浴槽の汚れ・黒ずみは「重曹」を使うだけで簡単に落とすことができるのです!

ここでは、重曹で浴槽の汚れを落とす方法とコツ・予防策についてご紹介します。

 

掃除の天敵!浴槽の黒い汚れの原因と正しい汚れの落とし方

 

浴槽を毎日しっかり掃除していても、浴槽の汚れや黒ずみは細かい場所にどうしても残ってしまい、

 

掃除は終わったのになんとなく「本当にキレイになってる…?」と感じるという方も多いのではないでしょうか?

 

因みに筆者は仕事から帰った後に、お風呂用洗剤とブラシを片手に簡単な掃除をするのですが、

 

掃除が終わった後ほど浴槽に残っている黒ずみが気になって仕方なくなることがあります。

 

実はこの浴槽の汚れや黒ずみの原因には、大きく分けて「皮脂」と「水や入浴剤の成分」の2つが挙げられます。

 

特に皮脂が原因で発生する汚れは、浴槽にお湯を入れたままにしている時などに付着してしまうことが多く、

 

お湯が溜まっている水位に輪状にできたり、変色していたりするのが特徴です。

 

また「どれだけゴシゴシこすっても汚れが取れない!」という時には、

 

長年使用しているなかで水に含まれるミネラルや入浴剤などの成分が沈着して発生する汚れ・黒ずみの可能性もあります。

 

このような様々な成分が原因となって現れる浴槽の汚れ・黒ずみをごっそり落としたい時に、筆者がおすすめしたいのが「重曹」です。

 

黒ずみや汚れをしっかり落としたいという方のなかには「頑固な汚れなら、強めの洗剤を使った方がいいのでは?」と考える方もいるかもしれませんね。

 

実際に筆者も、重曹を使い始める前にはカビを落とすような強めの洗剤を使っていたのですが、

 

掃除をしているなかで手が荒れてしまい、その後しばらくお風呂掃除をはじめとした家事に支障が出てしまったことがありました。

 

その点、重曹は洗剤よりもリーズナブルに購入できるだけでなく手にも優しいため、お風呂掃除中に手が荒れにくく、短時間で掃除をすることができるのです。

 

使い方も至って簡単。お風呂上りの残り湯に重曹を入れ、浴槽全体に行き渡るようにかき混ぜたら、翌日まで置いておくだけ!

 

翌日には水を抜き、重曹が残らないように洗い流したら、頑固な水垢や黒ずみもきれいに掃除できちゃいます。

 

また最近の筆者は、重曹を入れた浴槽に洗面器や小物類なども入れて、浴槽と洗面具を一緒に掃除するというズボラ技も行っています。

 

「仕事やプライベートで忙しくてなかなか浴槽の掃除ができない」という方や「浴槽の汚れが落ちなくて困っている」という方はぜひ挑戦してみてくださいね!

 

 

浴槽の汚れと黒ずみを予防する方法とは?

 

重曹や掃除道具でキレイになった浴槽も、時間が経つとまた汚れや黒ずみが付着してしまいます。

しっかり掃除して、ようやっとキレイになった浴槽ですから「何度も浴槽の汚れや黒ずみに悩まされるのは嫌!」と思っている方も多いことでしょう。

 

実は、毎日のお風呂タイムでできるちょっとした工夫が、浴槽の汚れや黒ずみの予防策となるのです!

 

ここでは、浴槽の汚れ・黒ずみを予防する方法についてご紹介します。

 

  • お風呂上りには熱いシャワーをまいてから出る

こちらは、実際に家事代行サービスを行っている方から教えてもらった方法であり、

熱いお湯をかけることで浴槽の汚れ・黒ずみの原因にもなる皮脂汚れを落とすことができるうえ、カビの発生も予防することができます。

 

適切な温度については「なるべく45度以上が良い」とのことですが、

 

熱すぎるお湯が苦手な筆者は42度のお湯をお風呂上りにシャワーでまいていますが、実際に習慣づける前よりも水垢が目立たなくなっているのを感じます。

 

  • 水気をきる

入浴後の浴室には水蒸気によって、天井や浴槽をはじめとした至るところに水滴がつきますが、この水滴をそのままにしてしまうとカビや汚れの原因になってしまうのです。

そのため、入浴後にはできるだけ浴室の水気を拭き取っておくことをおすすめします。

 

筆者の場合、100均などで販売されている小さめのハンドワイパーで水気を取るようにしています。

 

タオルや布巾をあらためて用意するのが面倒と感じる方はぜひ使ってみましょう。

 

まとめ

 

お風呂掃除の天敵である浴槽の汚れ・黒ずみは、重曹やちょっとしたテクニック1つで掃除・予防ができるのです!

より簡単にお風呂掃除をしたいという方はぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.