日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

墓参りの時間は朝??お彼岸の墓参りで実家へ帰る際のマナーを紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

旦那さんの実家の都合、風習で、
はじめてお彼岸でお墓参りに行く事なったが
お彼岸の事、マナーの事について全然知らない。
お墓参りにも、あまり行った事がない…。

そんな方へ向けて、
今回の記事では、お彼岸の事、お墓参りの時間帯や帰省時のマナーについて記事にしました。

スポンサーリンク

  

お墓参りの時間って朝??

この章では、お墓参りの時間帯とお彼岸について解説します。

お墓参りは朝に行くのがいい。

と聞いた事ある人も多いと思いますが

お墓参りへ行ってはいけない時間帯はありません。

朝に行くべきというのは

お墓参りはとても大切な行事。という観点から

その日の他の予定より後回しにするべきではない。という理由です。

時間帯で言えば、地域によっては他にも

「夕方や夜は行くべきではない」という風習を持っている地域もあります。

霊魂が彷徨っているというような、霊的な意味合いも含んでいるのかもしれませんが迷信に近いもの。

どちらかと言えば

夜暗い時間になると怪我をしやすい。防犯対策、掃除がしにくいと言った意味合いが強いです。

また霊園などは開園時間、閉園時間が決まっています。

根拠はどうあれ

地域で大切にしている風習があるならば、とりあえず従っておいた方がいいでしょう。

どうしてお彼岸でお墓参りをするのか?

そもそもお彼岸とは

あの世の御先祖様に感謝し、川の向こうの浄土の世界に渡る事を願って、功徳を積む(良い行いとする)期間と言われます。

この御先祖様に感謝する期間に、仏間に手を合わせたり、お墓参りにいくなどの習慣ができたのです。

また、功徳を積む(良い行いとする)期間でもあるので、

自分の事を省みる期間にするのもいいですね。

この理由から、お彼岸で実家に帰って墓参り。という事が存在するんですね

自分の実家ならいざ知らず、旦那さんの実家となれば色々気も使うし大変ですよね。

次の章では、旦那さんの実家へ帰る際の注意点を書いています。

スポンサーリンク

お彼岸の墓参りで実家へ帰る時の注意点

上記のように、お彼岸で実家に帰る際、

まず気を付けたいのが【お供えを持参するかどうか】です。

周りの人が、お供えやお土産を持ってきているのに手ぶらで行ったら

非常識なやつだと思われてしまうかもしれません。

熨斗(のし)まで付けたしっかりとしたお供えを持参するのか

手土産程度のものを持っていくのか、何も持っていかないのか

地域、家庭、実家との関係性によってバラバラなので、

出来るなら旦那さんかお義母さん確認するのがベストです。

家庭によってバラバラなもので、聞いても非常識な事はありませんし、分からなくて当然です。

礼儀正しく聞けば、積極的にやり方を覚えようとする姿勢は、きっと好印象を与えますよ。

聞けない場合は、

まずは、手土産を持参してみて、次回からその反応を見て必要性を考えましょう。

手土産には

義両親が好きなもの

お菓子

季節の果物 などがメジャーですね。

金額は、まずは2000~3000円程度のものを用紙するようにしましょう。

スポンサーリンク

その他、お彼岸のお墓参りで気を付けるべきマナーは?

○服装について

旦那の実家へ、お墓参りに行くんですから

喪服やスーツなどオフィシャルな格好は必要ないとしても

少しキレイ目な格好をしていきましょう。

これは有名な話ですが、

○お線香を上げるときのロウソクの火は息で吹き消さない。

線香に火をつける意味は、ご先祖様、仏さまに人間の匂いをつけないためと言われています。

人間の匂いをつけないためのものですから、その理由であれば、息をかけてはいけませんよね。

手で仰ぐか、火消し用の傘のような道具もありますので、そちらで火を消しましょう。

お墓参りには、全国共通でこうしなければならない。という決まりはありません。

周囲の人達に聞きながら、その土地の特徴を掴んで行えるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

○お彼岸とは

あの世の御先祖様に感謝し、川の向こうの浄土の世界に渡る事を願って、功徳を積む(良い行いとする)期間と言われます。

この御先祖様に感謝する期間に、仏間に手を合わせたり、お墓参りにいくなどの習慣ができたのもの。

○行く時間帯は出来たら朝がいい。何かのついでに行くのはやめましょう

○旦那さんの実家のお墓参りの時は、旦那さんの実家のやり方、暗黙のルールを察知して、手土産やお供えものを考えよう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.