日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

地震など災害のときの赤ちゃんの備えは大丈夫?準備物品とその工夫!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本でもあちこちで大きな地震や大雨など、

災害被害が多くありますよね。

 

ミルクを飲む時期と、離乳食がはじまった時期で

大地震のニュースや台風のニュースを、多く見るようになり赤ちゃんの備えを心配になったことがあります。

 

私も大地震を体験しているので、

備えをしっかりしておこうと思っていました。

 

赤ちゃんがいる家庭は、どのような備えが必要なのが、わからず、悩んだことがありました。

 

今回はいざという時の、赤ちゃんがいる家庭の備えについて

私の体験をご紹介します。

スポンサーリンク




 

 

 

防災グッズに赤ちゃんの分を備えよう!なにを入れる?

 

 

大人の防災グッズはある程度、必要なものがわかりますよね。

わかると言うか、調べやすいですし、通販などでもまとめて売られています。

それを準備しておくと便利です。

 

しかし、赤ちゃん用の防災グッズは

親である私たちで準備をしないといけません。

 

私が実際に赤ちゃん用として準備したものをご紹介します。

 

近くの学校に避難することを想定して

準備をしてみました。

【ミルク時期】

・ミルク3日分(母乳でしたが準備しました)

・哺乳瓶1個(プラスチックの軽いもの)

・オムツ3日分(1日6枚使う計算で準備)

・オムツ入れの袋1箱(未使用のものを1箱準備)

・おしりふき2パック(手や口もふける)

・着替え3セット(うんち漏れなど想定して)

・バスタオル2枚(床に敷くのと掛け布団代わりとして)

・ガーゼハンカチ5枚(顔を拭いたりするよう)

・母乳パッド3日分(赤ちゃん用のカバンに一緒にいれていました)

 

【離乳食時期】

・レトルト離乳食3日分(ご飯とおかずがセットになっているもの)

・ストロー付マグ(まだコップで飲めない時期)

・オムツ3日分(1日6枚使う計算で準備)

・オムツ入れの袋(未使用のものを1箱準備)

・おしりふき2パック(手や口もふける)

・着替え3セット

・バスタオル2枚

・フェイスタオル2枚

・子供用お菓子3食分(小分けになっている袋で準備)

・子供用お茶(ペットボトル2本準備)

 

 

日頃お出かけする時に

持ち歩くオムツや着替えはすぐに必要だと、思い浮かべられました。

 

しかし、体育館が避難場所を考えた時に

赤ちゃんが寝てしまった時などのことや

肌寒いときなどを考え、バスタオルを準備しました。

 

一回ごとに使い切れるように、ミルクはスティック状を準備しました。

 

赤ちゃんの防災準備は思いのほか

多くなり、バスタオルはいらないかな?

オムツも枚数減らそうかな?

と悩みながらでした。

 

しかし、赤ちゃんへの負担を減らして

あげたかったので防災カバンにいれる工夫をしました。

 

例えば、オムツはジップロックに1日分をいれて、

空気を抜くようにして入れるようにしました。

 

薄めのバスタオルにしたりしました。

着替えはカバーオールで枚数を減らしました。

 

どの程度の災害かは予想は出来ませんが、

3日分は持って避難できるように準備をしました。

 

 

防災グッズを準備をしたけど、置き場がない!?アパート暮らしはどうしたらいい?

 

 

避難用の防災グッズを準備したけど、置き場所に困るのがアパート暮らしですよね。

使用頻度は低いけれど、すぐに持ち出せる場所になあります。

 

一戸建ての場合は、玄関に置いてすぐに持っていけるようスペースもある事が多いので

割と決めやすいです。

 

しかし、アパートの場合は玄関に置いておくと

日頃邪魔になり、いざという時にすぐに持っていけなくなる可能性もあります。

 

私もアパート暮らしなので、防災グッズの置き場所に困りました。

 

私の場合は3つ、置き場所を専用に作りました。

  • ベンチシート下の収納に入れる

準備はしたけど、置き場所まで考えていない時に、仮置き場としていました。

ベンチシートに防災グッズが入らないと意味はありません。

 

  • 靴箱の横に置く

固定されている靴箱ではなかったので、スペースは比較的取りやすかったです。

でも、玄関が狭い印象になります。

さらに子供がある程度大きくなると遊びだしてしまいました。

 

  • 押し入れにいれる

押し入れの一部を防災グッズ置きと決めて置いています。

押し入れの中を整理整頓をしてから、置くことになりましたが、

一番取り出しやすく、日頃は邪魔にならない

置き場所になりました。

 

それぞれの家庭で部屋の間取りや子供の状況が違うので、参考にして考えてみてください。

 

まとめ

いざという時に備えて防災グッズを準備しますが、

赤ちゃんがいると、赤ちゃん分の準備を必要になります。

 

大人とちがい、オムツなどがあるため量が増えてしまいます。

 

ミルクの時期や離乳食の時期などで、準備するものも変わってきます。

 

まずは紙に必要なものをリスト化して準備をしましょう。

私は”旅行にいくときに必要なもの“を意識しました。

家ではない場所へ行くときに、なにが必要が思い出しやすかったです。

 

ますは、家にあるものから少しずつでも準備をして備えていきましょう。

 

言葉にすると当たり前ですが、

災害は突然やってくるものです。

少しでも準備に取り掛かっておくと、いざという時の心境が違います。

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.