日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

同窓会には参加するべき?~参加を迷っているあなたへ~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

同窓会のお知らせが来たら、あなたはどうしますか?

すぐに出席の返事を返す人、欠席する人、どうしようか迷う人…。

 

スポンサーリンク


 

私は、同窓会の出欠を毎回迷う人でした。そんな私が迷って辿り着いた1つの結論は、

「行ってみたい気持ちがあって迷っているなら、行った方がいい。

行きたくない気持ちがあって迷っているなら、行かない方がいい。」

です。当たり前でしょうか?

ですが迷っているときは行く理由も行かない理由も浮かんできて、

自分が本当はどうしたいのか分からなくなってしまっていることが多いです。

あるいは、自分の気持ちに自信が持てないこともあるでしょう。

 

もしも今あなたが同窓会に出席するかどうか迷っているのなら、その理由を整理してみましょう。

そうすることで気持ちがよりはっきりして、決断ができるはずです。

 

同窓会は必ず参加しなければならないものではありません。もちろん欠席する人だっています。自分の気持ちに正直に決めた方がいいです。

 

 

 

あなたにとって同窓会は行く意味があるもの?ないもの?

 

気持ちを整理するためにまず、あなたが同窓会に行く意味があると思う理由、同窓会でしか実現できないことを挙げてみましょう。

一般的にどうか、ではなく自分にとっての意味を考えてください。

 

私の場合は、

  • 恩師や、連絡先が分からなくなってしまった同級生に会える
  • 普段会っている人からは聞けない面白い話が聞けるかもしれない

こんなところでしょうか。

1つ目は参加者が事前に分かっていれば同窓会に行くことで必ず実現するので、この場合私にとって同窓会に行く意味があります。

2つ目は行ってみなければ分かりませんので、ちょっとした賭けです。

行ってみたら思っていたよりも話が弾んで楽しかったということもあれば、期待していたほどではなかったということもあります。

 

では今度は反対に、同窓会に行く意味を感じない理由を挙げてみましょう。

 

私の場合は、以下のような理由が挙げられます。

  • 会いたい人とは個人的に会っている
  • 友人が少なく、大人数での飲み会が苦手なので、途中で一人ぼっちになるかもしれないと不安
  • 久しぶりに会った人同士では環境が変わりすぎて、話す内容に気を使うのが疲れそう、めんどくさい

私はみんなでワイワイすることが苦手なので、数少ない友人が別のグループの同級生と話始めてしまうと輪にうまく入れないことが多いです。

特に立食で移動が自由な同窓会に参加したときには、最後の方は話し相手がいなくなってしまって気まずい思いをしたことがあります。

 

それぞれ、あなたにとってはどんな理由が挙げられますか?

あなたがもし同窓会に行かなければ実現できないことを思いついたのなら、あなたにとってその同窓会は参加する意味があるものです。

逆に、1つも思いつかなかったなら、あなたにとって同窓会は行く意味がないとはっきりするでしょう。

 

まだ、同窓会に行く意味があるかないかはっきりしない場合には、自分にとってどちらがより勝っているか比較してみてください。

 

何となく、どうだかなぁ…と考えるより、自分の気持ちがはっきりしますよ

 

行ってみたいという気持ちが自分の中で勝っているのなら、その理由が実現するか分からなくても参加してみることをお勧めします。

百聞は一見にしかず。もし参加して思った通りでなかったとしても、今後同窓会への出欠を決める際に役立つ良い経験となるはずです。

一方で、行く意味がない、行きたくないという気持ちの方が勝っているのだとすれば、同窓会は欠席した方がいいでしょう。自分の気持ちに正直に選択をするべきです。

 

同窓会に行かないと後悔する?

 

「自分の気持ちに従えと言われても、みんなが行く同窓会に行かないと後悔するのでは…。」と不安に思っている人もいるかと思います。

 

私は特に行きたい理由がなかったために同窓会を欠席したこともありますが、そのせいで困っていることも、後悔もありません。

普段会わない人たちに会わなかったというだけのことです。

まして行きたくない理由があるのなら、なおさら無理をする必要はないでしょう。

 

ですが、もしもあなたが一度も同窓会に参加したことがなくて、「行かないと後悔するかもしれない」という思いが強いのであれば、一度行ってみることをお勧めします。

どう感じるかは人それぞれですから、実際に経験してみるのが一番です。

 

忘れないでほしいのは、同窓会に限らず何事も、やって後悔する可能性、やらなくて後悔する可能性の両方を持っているものです。

その反対に、やってみたら意外と良かった、やっぱりやらなくて良かったということもありますね。

 

自分なりに、理由を整理しておけば、後悔もなくなります。

 

まとめ

 

同窓会に参加するかしないか、迷いは晴れたでしょうか。

 

私は初めての同窓会のときは迷いを持ったまま、

一般的には参加した方がいいのかなという理由で参加しましたが、特別会いたい人もいなかったために時間を持て余してしまいました。

もちろん同窓会を楽しんでいる同級生も大勢いましたので、感じ方は人それぞれだと実感する良い経験ではありました。

こういった経緯から、今は自分の気持ちに素直に従う方が良い選択をできると思っています。

 

あなたが同窓会に参加するかしないか、決めるお手伝いができていたら嬉しいです。

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.