日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

初心者でも簡単に爪の表面をやすりをかける方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

初心者でも簡単に爪の表面をやすりをかける方法

スポンサーリンク





ご自宅で出来る爪を綺麗に健康的にする方法をご存知ですか?

100均や家にあるもので爪をピカピカに仕上げられます。

マニキュアができない方でも健康的な爪を手に入れられるチャンスです。

今回は私の初心者でも簡単に爪の表面をやすりをかける方法をご紹介します。

爪をピカピカ・ツヤツヤにする方法

(1)爪用の柔らかいやすりで爪の表面を優しくやすりをかける。

薬局又は100均で購入出来爪の表面のボコボコをやすります。

ネイル用語で言うとスポンジバッファがやすりの名前で、爪が硬くなっていたり、白い線が入っていてもやすりをかける事で爪の表面を滑らかで綺麗な爪に仕上げられます。

(2)爪を保湿する
ネイルを良くする方はネイルオイルの購入をお勧めしますが、ハンドクリーム、ベビーオイル、などでも爪を保湿出来ます。

ネイリストの友達に食用オイルでも爪を保湿出来ると聞いた事あります。

購入するのが面倒い方は食用オイルで保湿を始めても良いですね。

手先を乾燥させない事が大切なのですから。

ご家庭にあるものでも手の先を綺麗に保つ事が出来ますね。

特に寝ている間に乾燥する為、お風呂上りにオイルなどを付けてあげると保湿効果が一層感じられますよ。

 

ネイルオイルの使用方法は、マニキュアを塗るのと似ています。

 

気になるところに、キューティクルにネイルオイルを塗り、軽く伸ばしながらマッサージしていきます。

 

ハンドクリーム、ベビーオイルで保湿する場合、

(3)爪を痛めない用にする

マニキュアを落とす時、除光液を使用してマニキュアを落とします。

しかし、除光液は爪の油分や水分を奪ってしまう為爪を痛める原因になってしまいます。

除光液を使用する際は、何度も使うことはせず、さっとマニキュアを拭き取る用にすると爪をあまり痛めずに済みますよ。

私は、コットンでボールを作り除光液を染み込ませ爪の表面で円を描きながら全体に除光液が染み渡るようにしてマニキュアを落としていきます。

この方法ならすぐにマニキュア落とせます。

マニキュアを落とす際、端っこに残りやすいですが私が紹介した方法なら綺麗に落とせます。

除光液使い終わったら手を石鹸で丁寧に洗い爪に除光液が残らないようにきちんと洗い流す事で、爪が痛むのを防げます。

ネイルしない日を決めて爪のダメージを最小限に抑える事が大切です。

私の母は、ネイルサロンを自営業しており、昔からマニキュアは色々な色や種類がありました。

高校生になって母にネイルをしてもらった事でネイルを好きになり、今では、2週間ネイルを楽しんで1週間は爪に息をさせるため休ませています。

 

(5)バランスの採れた食生活を心掛ける

きちんとした栄養が摂取出来ない食生活をしていると爪に白い線が現れたり、爪が凸凹になってしまいます。

ご飯を食べるたびに栄養の量が足りているか良く考えながら食べるようにする事が大事ですが、栄養の中でも特にケイ素は爪に良い栄養です。

ケイ素は、じゃがいも、とうもろこしなどに多く含んでおり、爪を綺麗に保つ為に摂取しなければなりません。

私は、食事を意識するようになってから爪の表面がサラサラになって爪が伸びやすくなりネイルをいつも以上に楽しめるようになりました。

 

(6)爪の形を整える

爪切る際どのタイミングで切っていますか?

知らない人が沢山居ますが、爪は乾燥している事が多くその中で爪を切ると爪割れの原因となってしまいます。

入浴後がお勧めです。

私は、お風呂に入り全身を温める事で爪割れを防ぐと共に爪が柔らかくなっている為切りやすくお好みの形に切れますよ。

時間がない時には、爪を温かいお湯に入れて爪を柔らかくするのも有りで、切り方としては、左右の端っこからちょっとずつ切ります。

爪の表面やすり方法
爪を切った後はいよいよやすりの出番です。

爪の左右の端っこから中心を目掛け、斜め45度の角度で爪に当てて優しく少しずつやすりを掛けていきます。

やすりは、爪切りで切った爪の形を最終仕上げとして使用するものです。

だから、初心者でも綺麗な形に仕上がります。

 

 

爪やすりの選び方は?
爪やすりには色々な種類があり、それぞれ使用する目的は違います。

・エメリーボード
爪の長さや形を変える時に使用するやすりがエメリーボードというやすりで爪に負担を掛けない為に薄い板で出来ています。

・スポンジファイル(スポンジバッファ)
スポンジファイルは、爪の断面と爪の表面を整えてくれます。

・シャイナー
爪のケアーの仕上げとして使用するやすりがシャイナーです。

シャイナーは爪の表面をツルツルにしてくれるやすりで、自然なピカピカの爪に仕上がります。

 

 

まとめ

以上爪の表面のやすり方のご紹介でした。

爪をやすり過ぎると爪がペラペラになってしまうので、時々にしましょう。

 

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.