日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

フロントガラス内側の曇りの原因と取れない時の対処法とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

フロントガラス内側の曇りの原因と取れない時の対処法とは?

スポンサーリンク



 

車のヒーターを点けはじめる冬シーズンや、雨の日のドライブ時に

 

「フロントガラスが曇って前が見えない!」という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

 

実はコーティングやワックスをしなくても、ドライブ時にできるちょっとした工夫をするだけで、

 

フロントガラスの曇りを防止することができるのです。

 

そこで今回は、フロントガラス内側が曇ってしまう原因を解説するとともに、

 

フロントガラスの曇りを解消・防止する方法についてご紹介していきます!

ちなみに関連記事です。

 

車内のホコリ対策にこちらから

車内のホコリの原因は何?対策はどうすればいいの?

車の水垢についてはこちらから

車の窓ガラスについた水垢が気になる!掃除のコツとは?

 

 

フロントガラス内側の曇りの原因と対処方法

 

雨の日や寒い時期に起こりがちな「フロントガラスの曇り」は、ドライバーの視界が悪くなることから事故の原因にも繋がる場合もあるほど危険なものではありますが、

 

タオルなどで何度拭いても起こってしまうのが厄介ですよね。

 

実は、このフロントガラスの曇りの正体は「結露」であり、湿気や車内と外の温度差によって引き起こされています。

 

特に寒い時期にはヒーターを点けるという方も多いかと思いますが、

ヒーターで温められた空気が冷えた窓ガラスに触れ、空気が含んだ湿気が水滴になってしまうことで曇りが発生します。

 

ドライブ中の邪魔にもなるフロントガラスの曇りを解消するためには「車内と外の温度差をなくす」というのがポイントであり、

 

最も効果的な対処方法は「車の窓をほんの少しだけ開けること」なのです。

 

しかし、私もそうなんですが、寒がりな人にとっては、極寒の日に窓を開けるのは至難の業といえるでしょう。

 

そんな時に筆者がおすすめしたいのが、車のエアコンの「外気導入モード」を使う方法です。

 

多くの車に搭載されているエアコンには「内気循環モード」と「外気導入モード」の2タイプがあり、エアコンを点けるだけでもフロントガラスの曇りを抑えることができます。

 

筆者としては「内気循環モード」では人の息で曇ってしまうこともありましたので、

 

窓を開けずに外の空気を車内に取り込める「外気導入モード」の方がより効率良くフロントガラスの曇りを解消できますよ。

 

また筆者の場合、フロントガラスが曇ってしまった時にはエアコンとともに「デフロスター」や「デフォッカー」も使用しています。

 

車の操作パネルにスイッチが付いているこれらの機能は、

 

ガラスに取り付けられた熱線を温めたり、温風を吹き付けたりすることによって短時間で窓ガラスの曇りを解消してくれるのです。

 

 

フロントガラス内側の曇りはこれで防ぐ!簡単にできる予防方法とは?

 

フロントガラスの曇りの原因と筆者が実践した対処方法を紹介してきましたが、できるならフロントガラスが曇ってしまう前に対策しておきたいですよね。

 

ここでは、ドライブ前に手軽にできるフロントガラスの曇りの予防方法についてまとめていきます。

 

  • クリーナーでフロントガラスの汚れやホコリを取っておく

筆者がフロントガラスの曇りに悩んでいる時に、車好きの友人からアドバイスされたのが「クリーナーで汚れやホコリを取る」という方法です。

 

フロントガラスに汚れやホコリが付いていると、より細かな結露ができやすくなるため、フロントガラスが曇りやすくなってしまうのです。

 

クリーナーであらかじめ汚れやホコリを取り除いておくことで、ドライブ中に起こりやすいフロントガラスの曇りを予防することができます。

 

因みに筆者は、安く購入できて手軽に扱えるという点から「シートタイプ」のクリーナーを使っています。

 

枚数も12~20枚入りとコスパが良いため、こまめに掃除をしておきたいという方にも大変おすすめですよ。

 

  • 車内に除湿剤を置いておく

クリーナーと一緒に筆者が行っているのが「車内に除湿剤を置いておく」という予防方法です。

 

除湿剤のなかには車用として販売されているものも多く、筆者の場合は3個パックになっている除湿剤をシート下の引き出しやトランクルームなどに置くようにしています。

 

またSNSやネット上では、同じく除湿剤としての役割を持つ「シリカゲル」がフロントガラスの曇り止めに効果的であると話題になっています。

 

「シリカゲル」とは、ペット用のトイレ砂などに用いられている乾燥剤であり、通気性の良いものにシリカゲルを入れて車内に置くだけで効果があるとされていますので、猫などを飼っている方は試してみるのも良いでしょう。

 

 

まとめ

今回は、筆者が実際に試してみた対策方法を中心にご紹介しましたが、

 

快適なドライブの天敵であるフロントガラスの曇りを解消する方法は、今回ご紹介した方法の他にもまだまだ存在しています。

 

ぜひあなたのスタイルに合った予防・対処方法で、快適な運転を楽しんでくださいね

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.