日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

ネイルの持ちは平均どれくらい?長持ちさせるには?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

せっかくネイルするなら長持ちして欲しいものですよね。

今回は、ネイルの持ちの平均どれくらいなの?という疑問への私なりの回答と

ネイルを長持ちさせるコツをご紹介していきます。

スポンサーリンク




 

セルフネイルの平均の持ち期間

セルフネイルは、大体2日〜3日持ちが平均ですが、仕事が手先を良く使う仕事ならネイルの持ちも当然悪くなってしまいます。

マニキュアの場合禿げてきたり、傷になったりして落ちてしまいます。

マニキュアは、時間がない時には便利だと思いますが、持ちが悪いのであんまりお勧めは出来ませんが、

飽きっぽい性格で良くネイルを変えたいという場合には便利ですよ。

 

ジェルネイル平均の持ちはどれくらい?

 

ジェルネイルの場合、ブランドによって持ちは様々ですが、3週間〜1ヶ月が平均です。

私の母がネイルサロンをやっているですが、中には2ヶ月ジェルネイルが持ったお客様もが居ました。

凄いですよね。あれにはビックリしました。

しかし、自爪が少しずつ伸びてしまう為、1ヶ月に一回はジェルネイルを変える事をお勧めします。

ジェルネイルの持ちが悪くなる原因

ジェルネイルの持ちが悪くなる原因は色々あります。

ジェルネイルの持ちが悪い人は当てはまらないか確認してみましょう。

 

①技術不足
ネイルでサロンで毎回同じネイリストにやって貰って持ちが悪い場合、技術不足の可能性が高まります。

解決方法は、ネイルサロンを変えるかネイリストさんを変更必要があります。

ネイリストさんを変えてもらうのに中々勇気が要りますよね。笑

 

②水仕事が多い
ジェルネイルは、水に弱い為、夏はプールに良く行ったり、長風呂をしてしまうとジェルが剥がれやすくなってしまいます。

私も冬場だけ長風呂する為ジェルが剥がれやすくなってしまいます。

 

③洗剤の影響
食器洗いや洗濯物を手洗いする時に洗剤は欠かせませんよね。

洗浄力が強い洗剤ほどジェルネイルが剥がれやすくなってしまいます。

後は、手袋をしてジェルを保護するなどの方法があります。

 

④指先を使う事が多い
事務の仕事など、仕事の内容によっては指先を使う事が多くなります。

私も事務所で働いており、紙を折ったり、キーボードをカチャカチャして書類作ったりする仕事が多い時は、どうしても爪先から剥がれてしまいます。

だからネイルは毎回シンプル系を選んでいます。 笑

 

⑤爪先の乾燥を防ぐ
ネイルオイルやハンドクリームを塗って乾燥を防ぎましょう。

ジェルネイルが剥がれると…

ジェルネイルは少しずつ剥がれてしまいます。

しかし、ジェルネイルの場合、自爪が2枚になって合わさった感じなのでジェルネイルが剥がれてきたらシールの感覚で簡単に剥がせます。

しかし、せっかくのジェルネイルを剥がすのがもったいないとか時間がないからという理由でそのままにしてしまうと爪にカビが生えてしまう原因になってしまいます。

爪の間から水やゴミなどが入る事で爪が緑色のカビの入ったネイルになってしまいます。

私の友達は、それが原因で爪にカビが生えてしまい治療期間は数ヶ月でした。

伸びてきた爪を切りながら、悪化しないようにしなければいけなくて大変だったと聞きました。

 

ジェルネイルをオフするペースを早めれば大丈夫?!

 

上で話したように定期的にジェルネイルをオフしなければなりませんが、オフのし過ぎは爪に負担が掛かってしまいます。

ネイルを楽しみたくて1週間に一回はオフしてる方も居ますがアセトンや、やすりは爪に負担がかかる為正しい方法でネイルを楽しむようにしましょう。

正しい期間にオフする事によって爪の健康を守れてネイルを楽しめるのです。

多くの方がジェルネイルが浮いてきたら、オフだと思っていますが、その考え方は間違っています。

実際私もそうでした笑

浮き始める前にネイルオフを意識してみて下さいね。

 

まとめ

以上ネイルの持ちを良くする方法でした。

 

ネイルは、とりあえず短期間でいいや、という方はマニキュア

 

長期間ネイルを楽しみたい方はジェルで行いましょう。

 

ネイルは楽しいですがやり方を間違えてしまうとトラブルに繋がってしまいます。

でも、上記の方法を自分なりに試行錯誤した今では

子育てや家事をしている私でも1か月半くらい持つようになりました。

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.