日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

セルフネイル短時間で乾かす方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

おしゃれは指先からと言いますよね。

スポンサーリンク



 

今回はセルフネイルを早く乾かす方法についてご紹介していきます。

 

セルフネイルを効率良く乾かす方法

ネイルをするとどうしても時間が掛かってしまい難しいと感じてしまう人も少なくありません。

 

ネイルの乾かす時間さえ早められればネイルをもっと簡単に感じられるようになるはずです。

 

セルフネイルで早く乾かす方法を覚えて色々なネイルに挑戦して見て下さいね。

 

 

 

セルフネイルを早く乾かすのに準備が大事?

何をするのにも前もって準備する事は大事です。

 

ネイルの場合、準備とは、保存方法になります。

マニキュア、ジェルなど、どのように保管していますか?

案外保管方法を気にして居ない人が多いのでは無いでしょうか。

 

 

マニキュアは冷蔵庫で保存しよう。

マニキュアを冷蔵庫で保存する事で、温度が一定になり塗りやすいマニキュアとなり長く使えるようになります。

冷蔵庫で保存する事によって爪に塗った時の温度差が生じ揮発が起きて乾きやすくなります。

私も母に言われて、試しにやって見ると本当にに直ぐに乾かす事が出来たのでお勧めです。

 

冷凍庫保存でも大丈夫?

冷やすという目的は冷蔵庫も冷凍庫も一緒ですが、冷凍庫の場合冷やし過ぎに注意が必要です。

冷やす過ぎてしまうとマニキュアの入れ物が割れてしまったりしてしまう為冷やす目安は10〜20分で十分です。

速乾性のアイテムを使用する

中には、トップコートを塗って早く乾かす方法もあります。

ネイリストである私の母もこの方法でネイルを乾かすようにしています。

特にフットネイルだと靴が履けない為乾くまで待たなければならない為、トップコートを塗る事で乾かす速度を速めてくれます。

トップコートで、速乾タイプを選ぶとマニキュアが乾きやすいです。

ネイルの仕上げ時に使用するネイルオイルもあり、一滴たらすだけでセルフネイルを乾かす時間が短くなりますよ。

初心者には、一番簡単な方法では無いでしょうか。

 

 

 

もう一つの方法は速乾スプレーです。

ネイルが出来たらスプレーして乾かす方法です。

私は、スプレーの減りが早いなと感じてしまったが、値段もワンコイン以下なので購入しやすいアイテムとなっています。

セルフネイルを早く乾かすには塗り方にコツがある

セルフネイルををする時に早く乾かしたいと思ったら塗り方も気をつけてみましょう。

では、塗り方を見ていきましょう。

・マニキュアは、薄く塗る事を意識する

最初から厚塗りすると、確かに時間短縮出来そうですが乾くのに時間が掛かってしまい最後の最後で失敗するパターンが高まります。

・重ね塗りが必要な場合は十分に乾いた事を確認してから重ね塗りをする

発色を良くする為に重ね塗りは欠かせないですが、薄く重ね塗りをする事はで綺麗な仕上がりになります。

私もネイル初めて間もない時色ムラとかが出来てしまい悩んでましたが、マニキュアを薄く塗るようにしてから均等に塗れるようになりました。

薄く塗って損は無いですよ。

 

裏技セルフネイルを早く乾かすコツ

・指先を氷水に入れる

氷水に指先に抵抗があるかもしれませんが、早く乾かす為のコツなのです。

マニキュアを塗り、数分待ってから氷水に手先を入れます。

入れすぎるとネイルがダメになってしまう為

数秒でOKですよ!

氷水は凄く冷たい為、出したり入れたりの繰り返しをお勧めします。

入れっぱなしだと指先が冷えて痛いですよ。

私もそうでしたから 笑

・冷風を当てる

ドライヤーや扇風機で冷風を当てるとマニキュアが乾く時間を短く出来ます。

マニキュアが乾いてないのであまり近づけずに、弱で風を当てて乾かすようにしましょう。

温風をネイルに当てると気泡の原因になってしまいます。

ネイルドライヤーも販売されており、手を中に入れるだけで簡単にマニキュアを、乾かせちゃいます。

持つ手間も無いしネイルドライヤーは一台あるだけで便利ですよ。

 

 

まとめ

セルフネイルを短時間で乾かす方法でした。

マニキュアは、完全に乾くまで1時間は掛かってしまいます。

せっかくやったネイルがよれたり剥がれたりしないためにしっかり乾かしましょう。

 

 

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.