日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

スマホゲームをやめるメリットとは?②メリットと克服方法!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この記事は

スマホゲームを辞めるメリットとは① なぜ人はハマってしまうのか?

の続編記事です。

ハマってしまう理由が前回の記事に書いています。

 

スポンサーリンク



 

スマホゲームに熱中している人は多いですが、

いざ「今からゲームをやめよう!」と思っても、なかなかすぐにやめられないという場合もありますよね。

熱中している人はやめられない人の方が多いんじゃないのでしょうか?

そんな人のために、

ここではスマホゲームをやめる主なメリットについてまとめてみました。

ゲームをやめるためのきっかけや理由作りのための参考にしてみてくださいね!

 

  • 時間・お金の余裕ができる

スマホゲームは、スマホさえあれば手軽にできるということから「ほんの数分だけ…」「ほんの数十円だけ課金しよう…」と思っていても気が付けば何時間もプレイしていた。

あるいは何万円ものお金を課金していたという人も多いかと思います。

このように、本来なら趣味や自分の好きなことに使えていたはずの時間やお金がスマホゲームに浪費されてしまうのです!

スマホゲームに充てていた時間やお金を他の趣味や自分の好きなことに使うことによって、

スマホゲームのストレスから解放されることでしょう。

 

  • 寝つきが良くなる・たっぷり睡眠時間がとれる

スマホゲームに熱中していると、昼夜問わずプレイしてしまうこともあります。

そのため夜遅くまでプレイして寝不足になってしまう人も多いのです。

スマホの液晶画面から出てくるブルーライトが睡眠を阻害してしまうという話もあることからも、スマホゲームをやめることで睡眠時間の確保にもつながります。

 

  • 頭がスッキリする

スマホゲームをやめた人のコメントのなかでも多いものとして「頭がスッキリする」というものがあります。

スマホゲームをしていた時には「次のイベントは何だろう?」「今日はログインボーナス貰ったかな?」などゲームのことについて考えたり、

他の調べものをしようとスマホを手にしても、無意識のうちにゲームの攻略サイトを見ているという場合もあります。

スマホゲームを断つことによって、

スマホゲームについて考えていた時のストレスがなくなって、頭がスッキリし、集中力や知識欲などがアップしたという人もいるようです。

 

 

スマホゲームへの課金をやめたい方へ!ゲーム依存の克服方法をご紹介!

 

スマホゲームは夢中になりやすい反面、依存しやすいという一面もあります。

そのため、スマホゲームへの依存が気になり始めてスマホゲームを止めようと決意しても、自分ではなかなかやめられないという人も多いかと思います。

 

ここではそんな方のために、実際にスマホゲーム依存を克服した人が実践していた克服方法をいくつかご紹介します。

スマホゲームをやめようと努力している方は是非一度ご覧ください。

 

  • スマホゲーム以外の楽しみを見つける

一番ストレスフリーで出来る方法として「スマホゲーム以外の楽しみ・趣味に時間を充てる」という方法があります。

「スマホゲームをやめるメリット」でもお伝えしたように、

スマホゲームに充てていた時間は、友達との会話や睡眠をはじめ、食べ歩きや運動などといった様々なことに使える時間でもあります。

スマホゲーム以外に熱中できる趣味を見つけることによって、スマホゲームへの関心が薄まる場合があります。

 

  • アプリを削除する

スマホゲームを断つ方法として最も手軽にできる方法として「アプリの削除」があります。

一度削除してしまえば、それまでのゲームデータも消えるため(消えないゲームもあるかもしれませんが…)

すでにゲーム依存になっている人にはなかなか難しいかもしれません。

しかし、ボタン一つで削除できるため「ゲームをやめたいな…」と思ったその時に削除してしまうのも一つの方法といえます。

 

  • スマホに制限をかける

「スマホゲームをやめたいけど、アプリを削除するのはちょっと…」という方には、

とにかく「スマホゲームに触れる時間を短くする」ところからはじめましょう。

その方法の一つがスマホの制限機能を活用する方法です。

 

スマホの制限機能については、各スマホキャリアが実施しているサービスだけでなく、無料アプリとしてもリリースされています。

筆者としては、本格的にやめようと思っている方には、各スマホキャリアが実施している利用時間制限サービスをおすすめします。

 

  • 利用時間をあらかじめ決める

スマホに制限をかけてしまうと、仕事に関する情報までシャットアウトされてしまうのではないかと不安になってしまう方には「自分であらかじめ利用時間を決めておく」方法もあります。

机や冷蔵庫などのよく見える場所に、制限時間などを書いて貼っておきましょう。スマホゲームをやめた後にやりたいことなどを一緒に書くのも効果的です。

 

筆者もスマホゲームに夢中になっていた時期がありましたが、スマホゲームへの課金に対する考え方を一度整理する必要があると考えています。

 

スマホゲームへの課金は確かに一時的な欲求を満足させてくれはします。

しかし、ゲームのデータや運営プロジェクトがなくなってしまえば、家庭用ゲームソフトとは異なり、いままでの課金の全てが消えてしまいます。

 

「フィギュアやゲームソフトのように手元に残らない」と考えることだけでも、ちょっとした抑止力になるのではないでしょうか。

 

 

 

スマホゲームをやめたい!やめさせたい!周囲の人ができることとは?

 

スマホゲームやオンラインゲームへの課金には中毒性があり、周囲の人間が辞めさせようにも、一度始めてしまえば本人の意志が変わらない限り、克服が困難な場合が多いのです。

 

また、スマホゲームへの課金の状況は、やめさせたい相手によって把握することが難しい場合があります。

同棲しているパートナーや子どもの場合は、自宅に届く明細表などによって比較的管理しやすいですが、

友達についてはお金の管理が難しいうえ、方法を間違えてしまうと友達との関係が悪くなってしまう場合も考えられます。

 

そのため、スマホゲームへ課金をする人に対して周囲ができる支援方法のうち、

 

その人がスマホゲーム以外に関心を向けさせるようにすることが、より手軽にできる方法かと思います。

 

スマホゲームそのものについて話をする際には、筆者であれば「最近課金の額が多いようだけど、大丈夫?」と自分も心配しているということを伝えます。

また、何気なく「外で一緒に遊ぼう!」と話しかけるのも良いでしょう。

 

アウトドアやスポーツだけでなく、アニメや漫画、コンサートやライブなど…その人の趣向に合うものを勧めて見たり、一緒になって楽しんでみたりするのもいいかもしれませんね。

 

始めは、スマホゲームをしたくなってしまうことや「ちょっとだけ…」と思って隠れて課金してしまうこともあるかもしれません。

しかし、様々な趣味や体験を楽しんでいるうちに、私のようにスマホゲーム以外の趣味を見つけることができると思います。

 

スマホゲームへ課金してしまう人に対してスマホゲームをやめさせようとする際に、

最も大切なのは「早くやめさせようと焦らないこと」

スマホゲームへの課金や依存は、薬を飲めばすぐに治るような簡単なものでは決してありません。

じっくり話し合って、スマホゲームに課金してしまう理由などをよく理解したうえで、長い目で見守り、支えることが改善への近道であると考えています。

 

 

時間とお金は有限!スマホゲームのやりすぎに注意!

 

いかがでしたでしょうか?

スマホゲームは暇つぶしだけでなく、友達との会話のネタにもなるほど楽しいコンテンツではありますが、あまりに熱中してしまうと、私生活にも影響がでてしまう場合もあります。

「スマホゲームに対する考え方をあらためたい!」という方は、今回ご紹介した克服方法やメリットを参考にしてみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.