日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

インスタ映え狙いで、食べ残しが増えた!?食事のあり方が変わった?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

インスタ映え狙いで、食べ残しが増えた!?食事のあり方が変わった?

 

スポンサーリンク




2017年のユーキャンの新語・流行語大賞にもなった“インスタ映え”。

あなたの周りにもインスタ女子・男子はいませんか?

 

「わ~~これインスタ映えじゃん!」「あの店インスタ映えするらしいよ!」

日常で使われるようになった“インスタ映え”という言葉。その裏側、どうなっているのかあなたは考えたことがありますか?

 

最近ネットで話題となったバケツの中に捨てられたアイスたち。

写真を撮ってインスタに上げたら食べ物を捨てる、そんな風潮ができあがりつつあるのでは?と、

あなたはその真相を検索している最中にこの記事にたどり着いたのかもしれません。

 

 

しかし、ネット上の写真は変な形で切り取られているものがほとんどです。

自分で見たこと、調べたことを真実として信じることが大切。

実際に写真を撮って食べ物を捨てる人を見たことがありますか?

「No」と答えたあなたは、ネットの情報を迂闊に信じすぎかもしれません。

 

ですが、インスタグラムが登場して私たちの食事の在り方に変化があったのも事実。

食べ物に対する考えは、”インスタ映え”を通じてどのように変わったのでしょうか?

 

“インスタ映え”という言葉につられて、実際は食べない?

 

休日はもちろん、平日のお昼の時間から長蛇の列ができているお店を最近よく見かけませんか?

私はオフィス街に勤務していますが、「なんで平日にこんなに並んでるの?!」と思うくらい、話題のお店には行列ができています(笑)

 

何時間も並んでやっと席について、お目当ての料理が運ばれてくる。

ふつうは、長時間のおあずけをくらっていたので目の前の食べ物を頬張りたいですよね。

…しかし“インスタ映え”を重視する人が増えたいま、それも無くなったのかもしれません。

若い人たちだけでなく、今やママさんやサラリーマンなども食べる前にカメラで食べ物を撮っている光景をよく目にします。

 

そんな人はたくさん目の当たりにしますが、写真を撮ってそのまま帰る、という人を見たことがありますか?

ネット上では写真を撮って食べ物を食べずにそのまま捨てる、という問題行為が話題となりましたが、果たしてそれは真実なのでしょうか?

あなたはその行為を実際に自身の目で見ましたか?

少なくとも、私は食べ物を粗末にしている人を見たことがありません。

ですので、ネット上に出回った写真は、捨てられた食べ物だけを切り取られ、勝手に文言を付けられただけ、と思ってしまいます。

 

今は何でもネットで知ることができるようになりました。

それは良くもあり、悪くもあります。

 

確かに“インスタ映え”の流行を利用して、食べ物の味よりも見た目を重視して盛り付けを奇抜にしたり、カラフルな色に着色したり、というお店は増えてきました。

 

「もったいない精神」を生まれながらに持っている私たち日本人が、食べ物を粗末にするはずがありません。(よっぽどお金持ちが、反エコ主義者なら別ですが…)

“インスタ映え” がもたらす問題は、食べ物の粗末化?

 

ここ数年で、インスタグラムは見事な普及を遂げました。

今や「インスタやってる?」は決まり文句になりつつあります。

 

普通にネットで検索するよりも、インスタグラマーや身近なユーザーが投稿している情報の方が信ぴょう性があって参考になりますよね。

流行りや情報をシェアできてとても便利なツールです。

 

しかし、”インスタ映え”により問題も多々生まれるようになりました。

そのひとつが食べ物の粗末化です。

 

今までは「お腹が空いたから」「お喋りしながら」「美味しそうだから」食事をする、という食べ物を楽しむ傾向がありました。

 

しかし今ではどうでしょう。

 

食べ物を楽しむというよりも「インスタ映えしそうだから」「みんなに自慢したいから」食べるに変化しているように感じます。

食べることに命を懸けている私からしたら、なんて食べ物に失礼なことをしているのだ!と怒りたくなります(笑)

 

フォロワーに情報を共有するのもいいですが、

まずは投稿するあなたがその食べ物を楽しまない限り、その情報はただのいいね!ボタンへ流れるだけですよ。

 

 

いかがでしたか?

 

食べ物を粗末にするという考えにも様々あります。

ポイっと捨てることも、食事を楽しまないことも両方食べ物に対する粗末行為です。

 

”インスタ映え”風習がまだまだ加速している今、

 

自分で真実を見極める力と、食事の本当の在り方を今もう一度考えてみるべきなのかもしれません。

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.