日常の疑問をちょこっと解説するサイトです。

しつこいの飲み会誘いの断り方!はっきりと断ると嫌われる?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

飲み会の誘いを断り続けているのに、何度も誘われ続けて困る…
どうすれば相手の気分損なわず、不参加がいられるのか
そんな悩みを抱えているあなたへ、
私の体験談をもとにしつこく誘われる飲み会を断る方法をご紹介します。

少しでも、飲み会を断りたいあなたの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

  

しつこいの飲み会の断り方

最初に、これだと相手にあまり悪く思られないんじゃないかという断り方の一例と

私なりのコツをご紹介します。

○体調が悪い

女性であれば効果的に使える手です。これだと深追いもしにくいです。

特に効果的なのは、今日これからどう?など突然入ってくる飲み会に有効です。

○仕事、勉強が忙しい

今あの仕事に取り組んでて~結構家でも忙しいんですよ

学生であれば、課題や勉強が忙しい。で、一撃です。(学内で同じクラスの相手には使いにくいですが)

テストが近いので、○○の発表が近いので、などもイイですね。

○先約がある

予定の日が決まっていると場合限定にはなりますが、先約があるというのも有効です。

ただ飲み会の日をズレると使いににくくなります。

私なりのコツとしては

誘われてから、演技でもいいので考えるフリをする事

断る前に話の間をおいて申し訳なさそうに断る

まるっきりの嘘は付かない

話を大げさにする、仕事や試験などの用事で断るのはいいですが

全くの嘘はよくありません。相手にも失礼かなと思いますし、

あなたとしても後々ボロが出る可能性あります。

嘘はやめましょう。

スポンサーリンク

飲み会をはっきりと断る事…本当にできている?

あなたは本当に相手に行かない意志を伝えられているでしょうか?

この記事で一番私が伝えたい事はこれです。

私自身がそうだったので…

ちなみに、これは仮に本当に思っていても

「いや、行きたくないんで行かないです。」とか「楽しそうじゃないんで」等と

言うと意味ではありません。

意志は伝わると思いますが、配慮に欠けた言動です。

回りくどくても、相手が嫌な気持ちにならない言い方を考えましょう。

私の場合、誘われた時に

「いや~ちょっとどうですかねぇ、最近忙しくて…」など曖昧な返事をしていました。

自分としては、これで十分行かない意志を表明していたつもりだったんですね

だって行きたければ

「あ、いいですね、是非お願いします。いつ頃にします?」と日程の話までしますもん。

ですが、ある時後輩から

「もっと、はっきり今回は行きません。行けませんって言った方がいいっすよ

だから向こうも分からなくて何回も誘うんですよ」と。

言われて、気づいたんですが、

もっとはっきり行かないです。と言えば良かったんですね。

それからは

「すみません。今回は遠慮しておきます。最近お酒の場所控えてるんですよ」これで十分でした。

でも中には「何で来ないの?」としつこく食い下がってくる人もいます。

そういう人には理由を言います。

最初の方に断るおススメの理由を書きましたが…

理由を言っても「そんなのいいじゃん!」「ちょっとくらい顔出してよ~」

といってくる人には、軽い感じで対応します。

「だから行かないって言ってるじゃないですか~今回は欠席します」

やりとりをギャグのような感じで笑い話にして

相手が引くまでやり続けます。

案外、笑いながら断ると、そんなに本気で相手も怒らないものですよ

長いようなら言わなくなるまで、極力その人を避けます。

行かない意志と理由を伝えても、しつこい人って、真面目に相手する事ないと思うんですよ

こういう人を真面目に相手し続けると振り回されて疲れます。

心理的にも距離を取って接しましょう。

スポンサーリンク

飲み会を断ると嫌われる?

飲み会を断り続けると嫌われるのでしょうか?

相手に配慮した言い方をすれば、嫌われる。とまでは行かないです。

が、印象は悪くなると覚悟しておきましょう。

誘った側からすれば、断られた事に変わりはないので良くは思われません。

印象も悪くなる可能性もあります。良くはならないでしょう。

なので、嫌われたくない相手からの誘いを断るのは、あまりおススメできる手ではありません。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

内容をまとめると

○断る時に、嘘はつかない。相手に配慮して断ろう

○ただ、伝わる形で「欠席」の旨は伝える

○理由を伝えて断っても、しつこい相手は軽くあしらうくらいの気持ちで接してみよう

しつこく飲み会に誘われるのも辛いもの。

あなたの何か役に立つ情報があれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ちょこっと発見 , 2019 All Rights Reserved.